(読み)キギス

  • ×雉/雉=子
  • きぎし
  • きじ
  • 漢字項目
  • 雉 (キジ)

デジタル大辞泉の解説

キジの別名。きぎし。 春》
「夫人は身を潜めて、―の伏隠れた風情であった」〈鏡花・白鷺〉
キジ目キジ科の鳥。全長は、雄が尾が長いので80~100センチ、雌が50~60センチ。雄は暗緑色を主とする多彩な色で、目の周りに赤い肉垂れがある。雌は全体に褐色。北海道を除く日本各地の明るい林や草原にすみ、地上で餌をとる。雄はケンケーンと大きな声で鳴く。日本の国鳥。にほんきじ。きぎし。きぎす。 春》「―の眸のかうかうとして売られけり/楸邨
キジ科の鳥のうち、シャコウズラ類を除いたものの総称。日本・アジア・ヨーロッパに分布。ほとんどが雄は美しく、は地味。コウライキジオナガキジヤマドリなど。
[音]チ(漢) [訓]きじ きぎし きぎす
鳥の名。キジ。「雉兎(ちと)白雉
土を築き固めた城の垣根。
[名のり]のぶ・ふさ
[難読]雉子(きじ・きぎし・きぎす)
キジの別名。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android