雉/雉子(読み)キギシ

デジタル大辞泉の解説

きぎし【×雉/雉子】

キジの別名。 春》

きぎす【×雉/雉子】

キジの別名。きぎし 春》
「夫人は身を潜めて、―の伏隠れた風情であった」〈鏡花・白鷺〉

きじ【×雉/雉子】

キジ目キジ科の鳥。全長は、雄が尾が長いので80~100センチ、雌が50~60センチ。雄は暗緑色を主とする多彩な色で、目の周りに赤い肉垂れがある。雌は全体に褐色。北海道を除く日本各地の明るい林や草原にすみ、地上で餌をとる。雄はケンケーンと大きな声で鳴く。日本の国鳥。にほんきじ。きぎし。きぎす。 春》「―の眸のかうかうとして売られけり/楸邨
キジ科の鳥のうち、シャコウズラ類を除いたものの総称。日本・アジア・ヨーロッパに分布。ほとんどがは美しく、は地味。コウライキジ・オナガキジ・ヤマドリなど。

ち【雉】[漢字項目]

[音]チ(漢) [訓]きじ きぎし きぎす
鳥の名。キジ。「雉兎(ちと)白雉
土を築き固めた城の垣根。
[名のり]のぶ・ふさ
[難読]雉子(きじ・きぎし・きぎす)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android