コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地問題 とちもんだい

1件 の用語解説(土地問題の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とちもんだい【土地問題】

土地問題とは,人間の生存にとって欠くことのできない資源である土地について,特定の少数者が排他的な支配力を行使することにより,支配力を持たない多数者との間に鋭い利害の対立を生じている事態だと定義することができる。土地に対する支配力は,それぞれの社会のそれぞれの歴史段階によって異なっているが,資本主義社会においては一般に土地に対する所有権とよばれるものであり,特定の土地片に対して排他的に使用,収益,処分する権利を指すと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の土地問題の言及

【所有権】より

…しかし,日本においては,所有権のなかでも土地所有権の絶対性の観念は根強く残っている。そのため,現代においては土地問題の解決の大きなネックとなっている。 現在の土地問題とは,1960年代以降本格化した高度成長に伴って現れるに至った各種の新しい土地問題である。…

※「土地問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土地問題の関連情報