在町(読み)ざいまち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

在町
ざいまち

近世の農村に成立した町。在郷(ざいごう)町、在方(ざいかた)町ともいう。法制的には村とされているものが多い。在町の成立については、研究者の間に、戦国時代から近世にかけて成立したとするものと、近世中期以降に成立したとするものとの、二つの意見がある。概していえば、近世初期に成立したとする研究者は畿内(きない)の在町を対象とし、中期以降に成立したとする研究者は関東のそれを対象としている。
 近世初期に畿内に成立した在町は、中世以来の城下町、市場町、門前町、寺内町などの系譜をもつものが多い。在町としては近隣の村々と交易して、市場町の性格を強くもち、農村の需要に応ずる鍛冶(かじ)屋、紺(こう)屋なども存在する。また村々の生産物や労働力を受け入れて、酒造、木綿加工などを営み、その特産地として成長するものもあった。さらに遠隔地との商業も行い、独自の成長を遂げた。町民はだいたい、特権的な上層商工業者、中小商工業者、日傭(ひよう)的町民の3段階に分かれているが、商工業を営むものは身分的に本百姓であるばかりでなく、実際に農業も営んでおり、農民としての一面ももっている。このような在町に対し封建領主は、市(いち)を立てることを許し、あるいは代官陣屋を設置し、年貢米の払下げを行い、宿継(しゅくつぎ)運輸を行わせなどして、その支配組織に組み込んだ。こうした従来の在郷町とは別に、同じような機能をもつ町を新しくつくらせることもあった。江戸、大坂、京都の三都を中心とした全国市場が形成されてくると、畿内の在町の対遠隔地商業は、大坂・京都がこれにかわり、手工業も大坂・京都のそれを補うにすぎないものとなった。地域の中心集落としての機能も、大坂・京都と結び付くことで存続し、対立するものは淘汰(とうた)されていった。また農村に展開した木綿加工などの工業は、在町のそれを衰退に追い込んだ。こうした状況のなかで町の商工業者は地主に転ずる者が多くなり、畿内の在町の発展は17世紀末を頂点として停滞し、衰退していった。
 近世中期以降関東に成立した在町は、その系譜も畿内の在町に似ており、地域の中心集落であることもかわりはなかったが、農村の商品生産を背景に、その産物を三都に送り出す機能を強くもっていた。それが江戸地回り経済の発展とともに江戸との結び付きを濃くし、特産物を江戸に送る集荷市場となっていった。在町の商人も江戸の問屋に隷属して、その出先機関化するものがあった。関東の在町はこうした機能を強めていったので、周辺の農村との対立を深めた。[伊藤好一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の在町の言及

【在郷町】より

…日本近世では法的に都市・と農村の区別が存在したが,農村地域にありながら実質は町として活動しているものをいう。郷町,町分,町場,在町,町村などの名称をもつ場所をさす。ただし法的に町として認められている場所でも,農商混住の在方の町では在郷町とよぶことがある。…

※「在町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android