地金(金属製品の材料)(読み)じがね

日本大百科全書(ニッポニカ)「地金(金属製品の材料)」の解説

地金(金属製品の材料)
じがね

貨幣、刀剣、細工物や器物などの金属製品をつくるときの材料となる金属、あるいはその下地に用いる金属をいう。また、めっきなどの土台にする金属をいうこともある。下地や土台にする地金は、普通、表面に現れることはないので、転じて、人間の性格や本性をさす意味となり、うわべの取り繕いがはげて、ありのままの性質、とくにその悪い面が現れるときに、「地金を出す」「地金を現す」などと表現する。

[藁科勝之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android