コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂口謹一郎 さかぐちきんいちろう

5件 の用語解説(坂口謹一郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂口謹一郎
さかぐちきんいちろう

[生]1897.11.17. 新潟
[没]1994.12.9. 東京
発酵学者,農学博士。東京帝国大学農学部卒業 (1922) 。同大学発酵学講座の助手,講師,助教授を経て,教授となる (1939~58) 。 1938年に「菌類による有機酸の生産ならびに工業的利用」の研究で日本農学賞受賞,1950年「本邦産発酵菌に関する研究」で日本学士院賞受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さかぐち‐きんいちろう〔‐キンイチラウ〕【坂口謹一郎】

[1897~1994]発酵微生物学者。新潟の生まれ。東大卒、同教授。学士院賞受賞、文化勲章受章。発酵菌類の研究に貢献。著作に「世界の酒」「日本の酒」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂口謹一郎 さかぐち-きんいちろう

1897-1994 昭和時代の農芸化学者。
明治30年11月17日生まれ。昭和14年母校東京帝大の教授となり,28年東大応用微生物研究所初代所長。34年理化学研究所副理事長。発酵菌類の研究で知られ,酒博士とよばれた。25年学士院賞。42年文化勲章。平成6年12月9日死去。97歳。新潟県出身。著作に「世界の酒」「日本の酒」など。歌集に「醗酵」。
【格言など】たのしみは何かと問はばうまさけをあるにまかせて飲みくらすこと(「愛酒楽酔」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

さかぐちきんいちろう【坂口謹一郎】

1897~1994) 発酵微生物学者。新潟県生まれ。東大教授。化学調味料製造など発酵工業に貢献。随筆もよくした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂口謹一郎
さかぐちきんいちろう
(1897―1994)

農芸化学者。明治30年11月17日、新潟県上越市高田に生まれる。東京帝国大学農学部農芸化学科卒業(1922)。同大学助教授、教授(1939~1958)を経て、名誉教授。その間、農林省食糧研究所初代所長、理化学研究所主任研究員、農芸化学会長、応用微生物研究所初代所長などを兼任。おもに発酵菌類の研究を行い、日本中の麹(こうじ)菌の採集、分類、発酵機作(発酵のメカニズム)、醸造の研究という広範囲に及ぶ業績があり、学士院賞受賞(1950)。研究組織をよくまとめ、日本の応用微生物学発展に尽くした。文化勲章受章(1967)。また歌人としても優れ、歌会召人(めしうど)(1974)を務めた。一般向け著書に『世界の酒』(1957)、『日本の酒』(1964年、ともに岩波新書)がある。[岩田敦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坂口謹一郎の関連キーワード農芸化学・農藝化学麻生清井上吉之大山莞爾片桐英郎桜井芳人高橋栄治田中勝宣中島稔ビーラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂口謹一郎の関連情報