均等待遇(読み)きんとうたいぐう

世界大百科事典 第2版の解説

きんとうたいぐう【均等待遇】

労働関係において,労働者がなんら合理的理由によることなく労働条件等につき使用者から差別的な取扱いを受けないことをいう。一般には,労働基準法3条が〈使用者は,労働者の国籍,信条又は社会的身分を理由として,賃金,労働時間その他の労働条件について,差別的取扱をしてはならない〉と定めることによりこの原則を明らかにしている。これは,憲法にうたわれている〈法の下の平等〉原則(14条)を労働関係について具体化したものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

均等待遇の関連情報