コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋積谷 まいせきこく

百科事典マイペディアの解説

埋積谷【まいせきこく】

充填(じゅうてん)谷とも。土地の沈下,減傾斜運動,気候変化などにより,谷が上流から運ばれる土砂により埋められたもの。たとえば山崩れによる川のせき止めと埋間氷期の海面上昇による溺れ谷(おぼれだに)の形成と埋積など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まいせきこく【埋積谷 waste‐filled valley】

谷底が厚い堆積物によって埋め立てられている谷を指す。谷底の地表面は幅広く平坦で,谷底と谷壁の境界が明瞭である。また谷の長さに比べて谷底の幅が広い支谷が樹枝状に延びる。一般に氷河堆積物,融氷河流堆積物,河成・海成の沖積層などの厚い堆積物で埋め立てられていることが多いが,ときには火山活動による溶岩や火砕流または急激な土壌浸食によって生じた岩屑などで充てんされている。堆積層に覆われて地下に埋没しているかつての谷地形は埋没谷buried valleyあるいは化石谷と呼んでいるので区別する必要がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埋積谷
まいせきこく

谷底が厚い堆積(たいせき)物に覆われている谷。埋積谷の谷底は平坦(へいたん)で幅が広く、谷壁との境界は明瞭(めいりょう)な傾斜の変換を示す。地盤の沈降または海面上昇、流路方向の減傾斜的傾動運動、気候変化や河川争奪による水量の減少ないし岩屑(がんせつ)供給量の増加、火山噴出物の供給などによって河流が荷重を運びきれなくなり、谷が堆積物によって埋め立てられて生ずる。埋没する前の谷を埋没谷または化石谷という。山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

埋積谷の関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地平野(へいや)表郷[村]中池見湿地谷底平野充填谷愛本峡谷底鮫川充填

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android