コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常念岳 じょうねんだけ

6件 の用語解説(常念岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常念岳
じょうねんだけ

長野県西部,飛騨山脈前山の主峰。標高 2857m。松本盆地の西縁にあり,三角状にそそり立つ。山頂の北は花崗岩,南は古生層の粘板岩などから成る。 1933年上高地自動車道が通じるまでは,槍ヶ岳,穂高岳方面への登山ルートにあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうねん‐だけ〔ジヤウネン‐〕【常念岳】

長野県西部、飛騨山脈中部にある槍ヶ岳穂高岳の前山をなす常念山脈の主峰。標高2857メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

常念岳【じょうねんだけ】

長野県西部,槍・穂高連峰の前山である常念山脈の主峰。花コウ岩からなり,標高2857m。南は蝶ヶ岳大滝山,北は大天井岳燕(つばくろ)岳に連なる。北側鞍部(あんぶ)に常念小屋があり,南北からの縦走も容易。
→関連項目豊科[町]日本百名山穂高[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょうねんだけ【常念岳】

飛驒山脈(北アルプス)南東部,長野県南安曇(みなみあずみ)郡安曇村,堀金村,穂高町との境界に位置する山。標高2857m。飛驒山脈主稜の槍・穂高連峰の東方に前山としてそびえる常念山脈の主峰をなす。山体上部は形の整ったピラミッド形を呈し,松本盆地から眺められるこの山の優美な姿は抜きん出ており,古くから多くの人をひき付けてきた。古くはその山形から乗鞍(のりくら)岳と呼ばれたが,修験の常念坊が登山したため常念岳と名付けられたとか,延暦年間(782‐806)坂上田村麻呂が有明の八面大王を討ったとき,大王の家来の常念坊がこの山に逃れたことから常念岳と名付けられたとかの伝説が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕常念岳(じょうねんだけ)


長野県西部、松本(まつもと)盆地の西を限る常念山脈の主峰。標高2857m。飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)の前山をなし、三角錐(さんかくすい)の山容が特徴的。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属す。鳥獣・昆虫・高山植物の宝庫で、とくに高山チョウは本州に生息するすべての種が見られる

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常念岳
じょうねんだけ

長野県西部、松本盆地の西側にそそり立つ山。標高2857メートル。燕岳(つばくろだけ)、大天井岳(だいてんじょうだけ)とともに北アルプスの前山的存在である。花崗(かこう)岩からなり、山容はピラミッド型を呈し、松本盆地からはもっとも目だつ山である。1919年(大正8)山頂近くに常念小屋ができ、1924年大天井岳から西岳、槍ヶ岳(やりがたけ)へのいわゆる喜作新道ができるまでは、槍ヶ岳への主要登路にあたっていた。JR大糸線豊科(とよしな)駅から山麓(さんろく)の須砂渡(すさど)までバス、そこから約7時間の行程。近年は長野道豊科インターチェンジから県道310号・309号経由で林道一ノ沢線を利用。一ノ沢登山口から5時間の行程で常念小屋に着くルートが一般的。常念小屋からは40分で山頂に達する。頂上からは北アルプスをはじめ、美ヶ原(うつくしがはら)、八ヶ岳(やつがたけ)連峰や、松本盆地などの眺めがすばらしい。山名は開山者の行者の名をとったとか、山麓の寺の住職常念坊の名をとったとかいわれる。5月初旬、頂上近くの雪が消えると、達磨(だるま)大師の北枕(きたまくら)の寝姿が黒く現れるといわれる。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常念岳の関連キーワード有明山大天井岳木曾山脈木曾谷日本アルプス涸沢飛騨山脈・飛驒山脈アルプス[山脈]上林[温泉]飛驒山脈

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常念岳の関連情報