コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本盆地 まつもとぼんち

7件 の用語解説(松本盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松本盆地
まつもとぼんち

長野県中西部,犀川流域にある盆地。犀川を中心に上流の奈良井川と支流の高瀬川に沿って南は塩尻市から北は大町市まで延びる。西は飛騨山脈の断層崖,東は筑摩山地に限られる。標高 520~700m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつもと‐ぼんち【松本盆地】

長野県中西部の断層盆地。大町・松本・塩尻の各市がある。高瀬川・梓(あずさ)川・奈良井川などが形成する扇状地が発達。安曇(あずみ)平。松本平。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松本盆地【まつもとぼんち】

長野県中部の盆地。松本平,安曇(あずみ)平とも。東西約12km,南北約48km。糸魚川‐静岡構造線に沿う地溝性盆地で,盆地底の標高は500〜700m。奈良井川・梓(あずさ)川・烏(からす)川・高瀬川などの複合扇状地が発達。
→関連項目明科[町]池田[町]大町[市]犀川塩尻[市]塩尻峠筑摩山地徳本峠豊科[町]野麦峠穂高[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

まつもとぼんち【松本盆地】

松本平,安曇(あずみ)平ともいう。長野県中央部にある盆地で,南北50kmにわたり長野県下では最も広い盆地である。西縁を走る糸魚川‐静岡構造線に沿って,3000m級の飛驒山脈の山並みがそびえ,梓川,高瀬川,奈良井川など数多くの河川が流出して盆地に複合扇状地を形成している。盆地の東部には,2500m級の美ヶ原高ボッチなどの火山と,第三紀層の筑摩山地が連なる。盆地南部の桔梗ヶ原(ききようがはら)は,古い扇状地面が隆起してできた開析扇状地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつもとぼんち【松本盆地】

北アルプス東麓、大町から松本を経て塩尻に至る、フォッサマグナに沿う断層盆地。松本平。安曇野あずみの

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕松本盆地(まつもとぼんち)


長野県中部の盆地。フォッサマグナ西縁の構造盆地。南北約50km、東西約10kmに及ぶ。中心は松本市。松本平(まつもとだいら)とも。西側は飛騨(ひだ)山脈の急斜面が迫り、梓(あずさ)川・高瀬(たかせ)川・奈良井(ならい)川などの河川ごとに大扇状地を形成。梓川から北は安曇平(あづみだいら)(安曇野)ともよぶ。南端の塩尻(しおじり)市一帯は桔梗ヶ原(ききょうがはら)と称される。電機・機械工業の盛んな内陸工業地帯。北部は稲作、南部では果樹・野菜栽培が盛ん。湧水(ゆうすい)を利用してワサビ栽培行われる

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松本盆地
まつもとぼんち

長野県の中西部にある盆地。標高560~730メートルで、北アルプスから南流する高瀬川、上高地(かみこうち)から流下する梓(あずさ)川、木曽(きそ)谷から北流する奈良井(ならい)川などの河川が形成する複合扇状地。南北60キロメートル、東西10キロメートルの狭長な盆地で、西縁は北アルプスの山麓(さんろく)で急斜面であるが、東縁の筑摩(ちくま)山地の山麓線は明らかではない。梓川の北側は安曇野(あずみの)とよばれ、水田地帯をなし長野県内屈指の米作地。男女寄り添う双体の道祖神(どうそじん)が多く、最近は一つの観光地になっている。南側は畑地が多く、桔梗ヶ原(ききょうがはら)は夏野菜や県下一のブドウ産地である。
 盆地の中心は松本市で、北に大町市、南に塩尻(しおじり)市がある。盆地内をJR篠ノ井(しののい)線と大糸線、国道19号と147号がほぼ南北に走り、国道158号が東西方向に通じる。国道に沿って電気機械をはじめ各種工場が進出し、盆地全域が新産業都市地域に指定されている。周辺に北アルプスなどの山岳観光地を控え、松本、大町市や安曇野(あづみの)市などはその基地になっている。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松本盆地の関連キーワード後立山連峰フォッサ・マグナ糸魚川静岡構造線フォッサマグナフォッサマグナミュージアム糸魚川[市]長野県中野市草間長野県中野市越長野県中野市中野長野県上伊那郡南箕輪村

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松本盆地の関連情報