コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆朱楊成(3代) ついしゅ ようぜい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堆朱楊成(3代) ついしゅ-ようぜい

?-? 室町時代の彫漆(ちょうしつ)工。
足利義政におもんじられ,おおくの茶器を制作する。また勅命により種々の珍器をつくったとつたえられる。長享年間(1487-89)に七十余歳で死去。名は長貞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堆朱楊成(3代)の関連キーワード足利義政室町時代彫漆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android