堆朱楊成(3代)(読み)ついしゅ ようぜい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堆朱楊成(3代) ついしゅ-ようぜい

?-? 室町時代の彫漆(ちょうしつ)工。
足利義政におもんじられ,おおくの茶器を制作する。また勅命により種々の珍器をつくったとつたえられる。長享年間(1487-89)に七十余歳で死去。名は長貞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android