コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武島羽衣 たけしま はごろも

美術人名辞典の解説

武島羽衣

歌人。東京生。名は又次郎。東京女子高等師範学校教授・日本女子大学教授等を歴任。宮内省御歌所寄人。昭和42年(1967)歿、95才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武島羽衣 たけしま-はごろも

1872-1967 明治-昭和時代の歌人,詩人。
明治5年11月2日生まれ。帝国大学在学中に「帝国文学」の創刊に参加。塩井雨江,大町桂月との共著「美文韻文花紅葉」などを刊行し,大学派(赤門派)とよばれる。唱歌「花」「美しき天然」などの作詞がある。ながく日本女子大教授をつとめた。昭和42年2月3日死去。94歳。東京出身。本名は又次郎。歌集に「美しき道」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たけしまはごろも【武島羽衣】

1872~1967) 歌人・国文学者。東京生まれ。本名、又次郎。東大卒。古典的な美文をもって知られ、滝廉太郎作曲「花」の詩は有名。著「霓裳げいしよう微吟」「国歌評釈」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武島羽衣
たけしまはごろも

[生]明治5(1872).11.2. 東京
[没]1967.2.3. 東京
歌人,詩人。本名,又次郎。 1896年東京大学国文学科卒業,大学院に進んだ。東京音楽学校で教え,1910~61年日本女子大学教授。 22~46年御歌所寄人 (よりゅうど) をつとめた。唱歌『美しき天然』 (1900) の作詞者,赤門派の詩人,美文家として知られたが,古典主義的傾向が強い。作品は『美文韻文 霓裳 (げいしょう) 微吟』 (03) ,歌集『美しき道』 (53) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の武島羽衣の言及

【美文】より

…散文の変革の過程で,文語文の遅れを逆手にとって磨き上げたと言うべきものだが,その文学的感度は,一時的な盛行を見せた文語定型詩のレベルにほぼ等しい。雑誌《帝国文学》に拠ったいわゆる赤門派(大学派)を代表する大町桂月,武島羽衣,塩井雨江の合著《美文韻文花紅葉(はなもみじ)》(1896)や桂月の《美文韻文黄菊白菊》(1898)などに,定型の新体詩と並立することで生命力を保っている姿が見られるが,文語詩の変革や口語による詩または散文詩の登場によって歴史的意義を失った。【野山 嘉正】。…

※「武島羽衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

武島羽衣の関連キーワード江戸 さい子滝 廉太郎江戸さい子落合直文あさ香社昭和時代四季麗ら