コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩谷温 しおのや おん

6件 の用語解説(塩谷温の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

塩谷温

中国文学者。文学博士。明治の漢学者塩谷青山の息。儒教及び武道に通じる。東大名誉教授。昭和37年(1962)歿、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しおのや‐おん〔しほのやヲン〕【塩谷温】

[1878~1962]中国文学者。東京の生まれ。号は節山。元曲の研究に功績をあげた。著「支那文学概論」「国訳元曲選」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩谷温 しおのや-おん

1878-1962 明治-昭和時代の中国文学者。
明治11年7月6日生まれ。塩谷青山の長男。大正9年母校東京帝大の教授となる。中国近世の戯曲,小説を研究し,元(げん)の「全相平話(ぜんそうへいわ)」や明(みん)の「三言二拍(さんげんにはく)」の再発見で知られる。昭和37年6月3日死去。83歳。東京出身。字(あざな)は士健。号は節山。著作に「支那文学概論講話」,訳書に「国訳元曲選」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

しおのやおん【塩谷温】

1878~1962) 中国文学者。東京出身。号は節山。東大教授。中国の俗文学を研究。著「支那文学概論」「元曲研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩谷温
しおのやおん

[生]1878.7.6. 東京
[没]1962.6.3. 東京
中国文学者。号は節山。儒者の家に生まれる。東京大学卒業後ドイツと清国へ留学し,1920年東京大学教授となる。元曲と小説の研究に業績を残した。戯曲『西廂記』『桃花扇』などの翻訳がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩谷温
しおのやおん
(1878―1962)

中国文学者。東京生まれ。幕末以来、漢学を家学とし、東京帝国大学漢学科在学中に星野恒(ひさし)、森槐南(かいなん)の教えを受けた。1906年(明治39)助教授に任ぜられ、ドイツに留学、戯曲小説を重視する西欧の文学研究法に接し、ついで留学した清(しん)国では、葉徳輝(しょうとくき/せっとくき)に就いて戯曲学の研鑽(けんさん)に努めた。20年に教授に昇任、支那(しな)文学講座を担当すること20年間に及んだ。儒教を尊び、漢学者の風格があった。元(げん)・明(みん)・清の戯曲小説を対象とする俗文学研究の新分野を開拓した。『支那文学概論講話』(1919)などの著作、元曲『西廂記(せいそうき)』などの邦訳がある。[伊藤漱平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塩谷温の関連キーワード天野元之助井上翠老子次右衛門佐久節実藤恵秀柴田天馬千田九一原澄治増田渉丸沢常哉

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone