コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新古今調 しんこきんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新古今調
しんこきんちょう

新古今和歌集』の歌風を特徴づける調べ。具体的には,初句切れ,3句切れが多いこと,体言止めが多いことなどがあげられる。初句切れが多いことは,切迫した声調の歌が多いことを意味し,そこに乱世の響きがあるとする見方もある。3句切れが多いことから,上句と下句との間には断絶が生じやすく,また観念の飛躍が認められる場合が多い。このことから連歌的であるともいわれ,また「疎句」の歌が多いといわれる。たとえば,「思ふことなど問ふ人のなかるらん仰げば空に月ぞさやけき」 (慈円) などは『さゝめごと』で疎句の歌とされている。体言止めは言いさした表現なので,余情が生じる効果がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんこきん‐ちょう〔‐テウ〕【新古今調】

新古今和歌集にみられる特徴的な歌のよみぶりや歌の調子。一般的には、情調的な諸要素が複合した、絵画的、物語的、象徴的な歌風で、余情・妖艶(ようえん)を尊ぶ。格調は韻律的で、初句切れ三句切れ本歌取り体言止めが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

新古今調【しんこきんちょう】

新古今和歌集》の歌風。〈万葉調〉〈古今調〉とともに和歌史上の3大様式のひとつとされる。この勅撰集成立の13世紀初頭はなお動乱の中にあり,充実した生活感の消失の中で過去への憧憬(どうけい)を強める一方,時代の終末感に逃避的態度がゆきわたって,古典主義的傾向と否定的浪漫主義が貴族の心を占めており,それらが新古今和歌集の歌風を貫いているとされる。
→関連項目金槐和歌集

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しんこきんちょう【新古今調】

新古今和歌集に代表される歌風・歌調。また、それを模倣した歌風。和歌史上、万葉調・古今調と並び称される。発想・内容の特徴としては芸術至上主義的・技巧的・絵画的・音楽的・象徴的であり、修辞面では初句切れ・三句切れ・体言止め・本歌取りなどが挙げられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新古今調の関連キーワード千五百番歌合藤原俊成藤原定家古今調子吉沢検校江戸派鈴屋派歌調幽玄多磨正徹契沖

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android