コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壮瞥[町] そうべつ

百科事典マイペディアの解説

壮瞥[町]【そうべつ】

北海道有珠(うす)郡の町。町域に洞爺(とうや)湖有珠山昭和新山や弁景,蟠渓(ばんけい),壮瞥などの温泉があり,支笏(しこつ)洞爺国立公園中の観光の町。リンゴを特産し,他に,ナシ,ブドウ,クリなどの栽培も盛ん。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうべつ【壮瞥[町]】

北海道南西部,胆振(いぶり)支庁有珠(うす)郡の町。人口3866(1995)。地名はアイヌ語の〈ソー・ペツ〉より転訛したもので,〈滝の川〉の意。洞爺(とうや)湖の南東岸に位置し,町域の大部分を山地が占める。東方にオロフレ山(1231m)などの火山性の山地,西方に洞爺湖カルデラ,有珠火山群,昭和新山などの活火山があり,その間を長流(おさる)川が南西へ流れる。長流川沿いをバス路線が通る。1879年岩手県から入植者が移住した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

壮瞥[町]の関連キーワード支笏洞爺国立公園

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android