壮瞥[町](読み)そうべつ

百科事典マイペディア「壮瞥[町]」の解説

壮瞥[町]【そうべつ】

北海道有珠(うす)の町。町域に洞爺(とうや)湖有珠山昭和新山や弁景,蟠渓(ばんけい),壮瞥などの温泉があり,支笏(しこつ)洞爺国立公園中の観光の町。リンゴを特産し,他に,ナシブドウクリなどの栽培も盛ん。205.01km2。3232人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「壮瞥[町]」の解説

そうべつ【壮瞥[町]】

北海道南西部,胆振(いぶり)支庁有珠(うす)郡の町。人口3866(1995)。地名はアイヌ語の〈ソー・ペツ〉より転訛したもので,〈滝の川〉の意。洞爺(とうや)の南東岸に位置し,町域の大部分を山地が占める。東方にオロフレ山(1231m)などの火山性の山地,西方洞爺湖カルデラ,有珠火山群,昭和新山などの活火山があり,その間を長流(おさる)川が南西へ流れる。長流川沿いをバス路線が通る。1879年岩手県から入植者が移住した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android