コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺屋焼 ツボヤヤキ

3件 の用語解説(壺屋焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つぼや‐やき【×壺屋焼】

沖縄県那覇市壺屋から産する陶器。17世紀末、琉球王朝が3か所の窯場を集結させたのに始まる。甕(かめ)・食器・酒器などの日用雑器が多く、独自の釉(うわぐすり)も開発されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壺屋焼
つぼややき

沖縄県を代表する焼物。那覇(なは)市壺屋町にある窯は1682年の開窯とされる。尚(しょう)氏を王にいただき沖縄を治めていた琉球(りゅうきゅう)王朝は、この年に国内の工芸振興策の一環として、各地に分散していた窯を那覇に統合し、東側に上焼(じょうやち)とよばれる施釉(せゆう)陶窯、西側に荒焼(あらやち)とよばれる焼締め陶窯、牧志(まきし)の近くには瓦(かわら)窯を分置させ、それらを総合して壺屋と称した。この壺屋窯は、民窯を母胎にしながら官窯的性格を帯びていたと考えられる。陶技は、東南アジア系の焼締め技法と、中国伝来の鉄絵陶の施釉絵付法、さらに日本の技術を受けたと思われる上絵付法などを機軸として、銅やコバルトを加えた光沢ある独特の緑釉や藍(あい)釉などを開発しており、その作域は広い。17世紀以降の沖縄の優れた焼物はおよそこの窯の製品で、王府の御用品から一般庶民の雑器まで、幅広い製品を手がけた。1871年(明治4)の廃藩置県以後は民窯としての方向に進み、その伝統を守りながら現在に至っている。[矢部良明]
『立原正秋・林屋晴三監修『探訪日本の陶芸1 壺屋他』(1980・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壺屋焼の関連キーワード沖縄県那覇市久米沖縄県那覇市久茂地沖縄県那覇市高良沖縄県那覇市辻沖縄県那覇市壺川沖縄県那覇市壺屋沖縄県那覇市泊沖縄県那覇市西沖縄県那覇市牧志沖縄県那覇市若狭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壺屋焼の関連情報