コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺屋焼 ツボヤヤキ

3件 の用語解説(壺屋焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つぼや‐やき【×壺屋焼】

沖縄県那覇市壺屋から産する陶器。17世紀末、琉球王朝が3か所の窯場を集結させたのに始まる。甕(かめ)・食器・酒器などの日用雑器が多く、独自の釉(うわぐすり)も開発されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壺屋焼
つぼややき

沖縄県を代表する焼物。那覇(なは)市壺屋町にある窯は1682年の開窯とされる。尚(しょう)氏を王にいただき沖縄を治めていた琉球(りゅうきゅう)王朝は、この年に国内の工芸振興策の一環として、各地に分散していた窯を那覇に統合し、東側に上焼(じょうやち)とよばれる施釉(せゆう)陶窯、西側に荒焼(あらやち)とよばれる焼締め陶窯、牧志(まきし)の近くには瓦(かわら)窯を分置させ、それらを総合して壺屋と称した。この壺屋窯は、民窯を母胎にしながら官窯的性格を帯びていたと考えられる。陶技は、東南アジア系の焼締め技法と、中国伝来の鉄絵陶の施釉絵付法、さらに日本の技術を受けたと思われる上絵付法などを機軸として、銅やコバルトを加えた光沢ある独特の緑釉や藍(あい)釉などを開発しており、その作域は広い。17世紀以降の沖縄の優れた焼物はおよそこの窯の製品で、王府の御用品から一般庶民の雑器まで、幅広い製品を手がけた。1871年(明治4)の廃藩置県以後は民窯としての方向に進み、その伝統を守りながら現在に至っている。[矢部良明]
『立原正秋・林屋晴三監修『探訪日本の陶芸1 壺屋他』(1980・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壺屋焼の関連情報