コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登金剛 のとこんごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能登金剛
のとこんごう

石川県北西部,能登半島西岸の景勝地。志賀町福浦から北の関野鼻まで約 30kmにわたり奇岩怪石が展開し,外浦の男性的海岸美の一典型をなす。朝鮮民主主義人民共和国クムガン (金剛) 山に劣らぬことから能登金剛と称された。巌門,玄徳崎,関野鼻などの景勝地があり,冬はしぶきが泡となって舞う「波の花」が美しい。能登半島国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のと‐こんごう〔‐コンガウ〕【能登金剛】

石川県能登半島西部の海岸。羽咋(はくい)郡志賀(しか)町福浦(ふくら)から北方の関野鼻(せきのはな)まで、約30キロメートル続く景勝地をいう。日本海荒波に浸食された奇岩や断崖が続き、能登半島国定公園に属する。名の由来は、景観朝鮮半島金剛山に匹敵することから。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

能登金剛【のとこんごう】

石川県能登半島西岸,門前町劔地(つるぎじ)(現・輪島市)から富来(とぎ)町福浦(現・志賀町)に至る29kmの海岸。巌門(がんもん)と称する洞門,孤岩鷹巣岩など,変化に富む海食崖で知られ,能登半島国定公園に属する。
→関連項目志賀[町]富来[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のとこんごう【能登金剛】

石川県北部,能登半島の中央部西側の海岸線の名称。羽咋(はくい)郡富来(とぎ)町福浦(ふくら)から深谷まで延長約30kmに及ぶ。福浦港から富来川河口までは,安山岩質の火成岩が海食によりみごとな断崖をなしており,その北には増穂砂丘が発達,富来町の酒見川から深谷までは海岸段丘波食されてできた奇岩が続く。とくに幅6m,高さ10m,奥行き60mの〈巌門の洞窟〉は有名である。生神(うるかみ)付近には能登二見とよばれる奇景がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕能登金剛(のとこんごう)


石川県の能登半島西岸にある景勝海岸。志賀(しか)町福浦(ふくら)港から北方の関野鼻(せきのはな)までの約29kmをいう。能登半島国定公園の中心の一つ。海食洞の巌門(がんもん)ほか、鷹(たか)の巣()岩・機具(はたぐ)岩・ヤセの断崖(だんがい)・玄徳(げんとく)岬など日本海に浸食された奇岩・怪岩が連なり、吹上(ふきあげ)の滝の奇勝がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能登金剛
のとこんごう

石川県能登半島西岸の景勝地。羽咋(はくい)郡志賀(しか)町にある。福浦(ふくら)港から北方の関野鼻(せきのはな)までの29キロメートルをいい、朝鮮半島の金剛山の景に匹敵することから名づけられた。日本海の荒波に侵食された奇岩怪石が並び、能登外浦(そとうら)の男性的海岸美の一代表。南部は安山岩を主とする火成岩の碁盤島(ごばんじま)、鷹(たか)の巣(す)岩、巌門(がんもん)、機具(はたご)岩、吹上(ふきあげ)滝などがあり、増穂ヶ浦(ますほがうら)の砂丘、富来港を経て北は海岸段丘で、石灰岩系の奇岩、玄徳(げんとく)岬、ヤセの断崖(だんがい)、関野鼻などが続く。冬の季節風を防ぐために民家を囲む竹垣の間垣(まがき)や、厳冬に飛沫(ひまつ)の舞う波の花などは独特の風物である。巌門の洞穴は舟で通行でき、義経(よしつね)伝説がある。能登半島国定公園に属す。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

能登金剛の関連キーワード石川県羽咋郡志賀町富来〈町〉志賀[町]海食洞波の花吹上玄徳機具

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android