外耳(読み)がいじ(英語表記)external ear

翻訳|external ear

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外耳
がいじ
external ear

聴覚器の最も外側に位置する部分で,耳介外耳道よりなり,鼓膜を介して中耳に連なる。介は耳介軟骨板で支えられた皮膚の突起であり,外耳道は外側3分の1が軟骨部,内側3分の2が骨部からなる全長約 3.5cmの管で,軟骨部には耳毛,耳道腺などがある。ヒトの耳介は音の方向感に多少役立っているが,集音作用は著明ではない。外耳道には共鳴腔としての作用もある。耳介は外傷を受けやすく,凍傷にもかかりやすい。小耳症,無耳,袋耳などの奇形や外傷後の変形は,形成外科的に治療する。 (→ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がいじ【外耳 external ear】

爬虫類以上の脊椎動物において,鼓膜が体表よりくぼんだ位置にある場合,鼓膜より外側にある部分の全体を外耳という。いわゆる耳の穴がその主体である。外耳は中耳および内耳と一体になってを構成する。進化的にみれば,外耳は中耳およびエウスタキオ管(耳管ともいう)とともに,祖先である原始魚類の前方鰓孔(えらあな)に由来したもので,サメのもつ呼吸孔(退化した鰓孔)と相同のものである。したがって魚類では,耳は主として平衡器官であって,外耳や中耳は存在しない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がいじ【外耳】

聴覚器のうち、鼓膜より外の部分。耳介と外耳道からなる。鳥類・哺乳類に見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外耳
がいじ

哺乳(ほにゅう)類と鳥類にみられる、聴覚器のうち、鼓膜より外の部分をいう。哺乳類の外耳は、耳介(耳殻)と外耳道(外聴道)よりなるが、鳥類に耳介はなく、ミミズクやキジで耳介のようにみえるものは耳羽である。耳介は集音の役目をし、ウサギなどでは耳介を音源に向ける反射が発達するが、ヒトではこれを行う耳介筋は退化している。外耳口(外聴口)から鼓膜までは音振動を空気伝導によって伝える外耳道である。[村上 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がい‐じ グヮイ‥【外耳】

〘名〙 外界の音波を中耳に送る器官。耳殻(じかく)と外耳道とからなり、鼓膜によって中耳と分けられている。鳥類と哺乳類に発達がみられ、耳殻は後者だけにある。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外耳の言及

【聴覚】より

… 脊椎動物は例外なく聴覚器官をもっている。魚類の聴覚器官は内耳だけからなり,いわゆる中耳や外耳を欠く。コイやナマズのようなコイ類(骨鰾(こつひよう)類)では中耳の代りにウェーバー器官があり,音はうきぶくろからウェーバー小骨連鎖を経て内耳に伝わる。…

【耳】より

…脊椎動物の頭部にある有対の感覚器官で,平衡覚と聴覚をつかさどる。ふつう〈耳の形〉などというときには,哺乳類の頭の両側に突出した耳介を指すが,解剖学的にいえば耳には内耳,中耳,外耳の3部分が含まれる。内耳は刺激を受容する中心的部分で,最も奥深く位置し,進化的にみて最も由来が古く,すべての脊椎動物が例外なく備えるものである。…

※「外耳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外耳の関連情報