多良見(読み)たらみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多良見
たらみ

長崎県南東部,諫早市西部の旧町域。大村湾南岸にある。 1955年喜々津村,大草村,伊木力村の3村が合体して多良見村となり,1965年町制。 2005年諫早市,飯盛町,小長井町,高来町,森山町と合体して諫早市となる。沿岸部の伊木力,大草は伊木力みかんの発祥地として知られる。国道 34号線に沿う喜々津は長崎市に隣接して工業化が進み,工業団地,住宅団地が造成されている。湾岸部は大村湾県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たらみ【多良見】

長崎県中南部、諫早いさはや市の地名。大村湾の南岸で、長崎市に接する。ミカンの産地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多良見
たらみ

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡にあった旧町名(多良見町(ちょう))。現在は諫早(いさはや)市の西部を占める。旧多良見町は大村湾の南岸に位置する。1965年(昭和40)町制施行。多良見の地名は、大村湾を隔てて多良岳を望む絶佳の地を意味する。2005年(平成17)諫早市に合併。旧町域をJR長崎本線、長崎自動車道、国道34号、207号のほか長崎バイパスが通じる。喜々津(ききつ)地区は長崎本線の新線と旧線の交差点にあたり、工業団地、住宅団地が形成され、ゴルフ場を有し、長崎市の近郊的性格を有する。大草(おおくさ)、伊木力(いきりき)はミカン栽培の盛んな地区で、かつて大草から大村湾を縦断し大村に至る定期船があった。伊木力は天正(てんしょう)年間(1573~1592)に栽培が始められた伊木力ミカンの発祥地で、1戸当り栽培面積は1ないし2ヘクタールに及ぶ。当地域の栽培面積は600ヘクタール。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多良見の関連情報