コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多良見 たらみ

3件 の用語解説(多良見の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多良見
たらみ

長崎県南東部,諫早市西部の旧町域。大村湾の南岸にある。 1955年喜々津村,大草村,伊木力村の3村が合体して多良見村となり,1965年町制。 2005年諫早市,飯盛町,小長井町,高来町,森山町と合体して諫早市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たらみ【多良見】

長崎県中南部、諫早いさはや市の地名。大村湾の南岸で、長崎市に接する。ミカンの産地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多良見
たらみ

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡にあった旧町名(多良見町(ちょう))。現在は諫早(いさはや)市の西部を占める。旧多良見町は大村湾の南岸に位置する。1965年(昭和40)町制施行。多良見の地名は、大村湾を隔てて多良岳を望む絶佳の地を意味する。2005年(平成17)諫早市に合併。旧町域をJR長崎本線、長崎自動車道、国道34号、207号のほか長崎バイパスが通じる。喜々津(ききつ)地区は長崎本線の新線と旧線の交差点にあたり、工業団地、住宅団地が形成され、ゴルフ場を有し、長崎市の近郊的性格を有する。大草(おおくさ)、伊木力(いきりき)はミカン栽培の盛んな地区で、かつて大草から大村湾を縦断し大村に至る定期船があった。伊木力は天正(てんしょう)年間(1573~1592)に栽培が始められた伊木力ミカンの発祥地で、1戸当り栽培面積は1ないし2ヘクタールに及ぶ。当地域の栽培面積は600ヘクタール。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多良見の関連キーワード諫早長崎県諫早市宇都町長崎県諫早市金谷町長崎県諫早市城見町長崎県諫早市高城町長崎県諫早市西栄田町長崎県諫早市西小路町長崎県諫早市西郷町長崎県諫早市西里町長崎県諫早市本町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多良見の関連情報