コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小長井 こながい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小長井
こながい

長崎県南東部,諫早市北東部の旧町域。多良岳東麓にあり,諫早湾に面する。 1966年町制。 2005年諫早市,飯盛町,高来町,多良見町,森山町と合体して諫早市となる。農業が中心で,ため池が発達し,米,ミカン,野菜の栽培と畜産が行なわれる。海岸の帆崎を中心に歴史をもつ多くの採石場があり,帆崎石と呼ばれる玄武岩は主として建設資材となる。西部のオガタマノキは国の天然記念物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小長井
こながい

長崎県南東部、北高来(きたたかき)郡にあった旧町名(小長井町(ちょう))。現在は諫早(いさはや)市の北東端部を占める。旧小長井町は1966年(昭和41)町制施行。2005年(平成17)諫早市に合併。旧町域は多良(たら)岳火山の東麓(とうろく)を占め、有明(ありあけ)海の支湾諫早湾に臨む海岸部にJR長崎本線、国道207号が通じる。山地の岩盤は古くから「帆崎石(ほさきいし)」として採石され、高級な石材として知られ、建築材、石碑などに用いられ、近世初頭の大坂城築城にも用いられたと伝えられる。昭和30年代の最盛期には年間60万トンを産し、全世帯の40%が石材業に関係した。現在半減したものの、農業とともに町の基幹産業。農業はミカンと畜産を主軸としている。井崎地区の柳(やなぎ)、深海(ふかみ)地区の大戸(おおと)は干拓地。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小長井の関連キーワード小長井[町]長崎県諫早市小長井牡蠣諫早(市)飯盛[町]伊佐早荘有明海本川根

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小長井の関連情報