コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夢の代 ユメノシロ

百科事典マイペディアの解説

夢の代【ゆめのしろ】

江戸後期の教訓書。12巻。山片蟠桃(ばんとう)著。師の中井竹山中井履軒(りけん)兄弟の説を子孫の教訓として集録したという。1802年に起稿した《宰我(さいが)の償(つぐのい)》を竹山・履軒の校閲を得て改題・増補し,数年後に一応成ったが,その後失明のため1820年に完成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆめのしろ【夢の代】

江戸後期の実学的合理主義の啓蒙書。大坂の町人学者山片蟠桃著。1802年(享和2)起稿した《宰我の償》を師の中井竹山・履軒の校閲を得て増補・改題し,数年後に大成したが,目を患って失明,20年(文政3)秋完稿した。天文,地理,神代,歴代,制度,経済,経論雑書,異端,無鬼(上,下),雑論の12巻よりなる。西洋文明の実証性を高く評価し,いち早く地動説を理解して新宇宙観を示し,地球世界の地理を論じ,ついで日本の歴史・制度の変遷を説く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆめのしろ【夢の代】

教訓書。一二巻。山片蟠桃著。1820年刊。著者の師中井竹山らの説に基づき、合理主義的な立場から、天文・地理などを啓蒙的に説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夢の代
ゆめのしろ

江戸後期の大坂の町人学者山片蟠桃(やまがたばんとう)の著作。12巻12冊。江戸後期を代表する実学啓蒙(けいもう)書である。初め『宰我(さいが)の償(つぐのい)』と題したが、懐徳堂(かいとくどう)の師中井履軒(りけん)の指示により『夢の代』と改めた。1802年(享和2)の初稿6巻3冊を補訂して翌年7巻7冊とし、中井竹山(ちくざん)・履軒の筆注を参考として、かねてからの草稿あるいは上書などを加えて1820年(文政3)、失明にも屈せず12巻に大成した。天文、地理、神代(じんだい)、歴代、制度、経済、経論、雑書、異端、無鬼(上・下)、雑論の編成。五井蘭洲(ごいらんしゅう)、中井竹山・履軒ら懐徳堂学統の影響を強く受け、徹底した合理主義にたって自然・人文現象を峻別(しゅんべつ)した。蘭学(らんがく)の知識も深く西欧科学に信頼を寄せ、地動説を支持し明暗界宇宙論を提示、近代医学の成果を紹介し、『日本書紀』の応神(おうじん)紀以前の記述を信ぜず、あらゆる俗信を否定、江戸時代最高の無鬼論(無神論)を展開するなど、その主張は今日国際的に評価されている。晩年失明のため自筆本は存在せず、写本は50点を超える。[末中哲夫]
『末中哲夫著『山片蟠桃の研究 夢之代篇』(1971・清文堂出版) ▽『山片蟠桃の研究 著作篇』(1976・清文堂出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の夢の代の言及

【鬼神論】より

…近世思想史上の一争点であった〈鬼神〉の存在について,人間の生死を〈陰〉〈陽〉二気の集合離散と見る立場から,人間の死後,〈陰〉は〈鬼〉,〈陽〉は〈神〉となって天地に帰ると合理的に説明しているが,一面では超自然の怪異もみとめている。ために後年,山片蟠桃(やまがたばんとう)の《夢の代》の無鬼論,平田篤胤(あつたね)の《鬼神新論》の有鬼論の双方から批判された。【野口 武彦】。…

※「夢の代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夢の代の関連キーワード鬼神論初夢

夢の代の関連情報