コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山片蟠桃 やまがた ばんとう

美術人名辞典の解説

山片蟠桃

江戸後期の町人学者。播磨国生。農民長谷川小兵衛の次男。米仲買大名貸で名高い升屋山片家の別家伯父久兵衛の養子となる。名は芳秀、初名は有躬、字は子蘭・子厚、通称を升屋小右衛門仙台藩の財政立直しに手腕を発揮し名声を博した。中井竹山・履軒に儒学を、麻田剛立天文学を学び、蘭学も修めた。著書に『夢の代』がある。文政4年(1821)歿、74才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまがた‐ばんとう〔‐バンタウ〕【山片蟠桃】

[1748~1821]江戸後期の商人・学者。播磨(はりま)の人。本名、長谷川有躬。大坂両替商升屋に番頭として仕え、主家興隆に尽くした。また、懐徳堂で儒学を学び、さらに天文学・蘭学を修め、合理主義精神を持つ独創的思想家として知られる。著「夢の代(しろ)」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山片蟠桃【やまがたばんとう】

江戸中・後期の経済論者・思想家。長谷川有躬,のち改姓して山片芳秀(よしひで)。通称升屋久兵衛,小右衛門(升小)。播磨(はりま)の人。大坂に出て丁稚(でっち)となったが,両替商升屋山片平右衛門に理財の才を認められ,その番頭となる。
→関連項目草間直方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山片蟠桃 やまがた-ばんとう

1748-1821 江戸時代中期-後期の商人,学者。
寛延元年生まれ。大坂の豪商升屋の別家をつぎ,本家の番頭となる。本家再興,仙台藩の財政再建に手腕を発揮。一方懐徳堂で中井竹山・履軒(りけん)兄弟に師事し,天文学を麻田剛立(ごうりゅう)にまなぶ。地動説を確信し,神代史や霊魂を否定するなど,実学的合理思想をとなえ,失明にもめげず「夢之代(しろ)」12巻をあらわした。文政4年2月28日死去。74歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本姓は長谷川。名は有躬,芳秀。字(あざな)は子厚,子蘭。通称は升屋小右衛門。
【格言など】経済は民をして信ぜしむるにあり(「夢之代」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまがたばんとう【山片蟠桃】

1748‐1821(寛延1‐文政4)
江戸後期の大坂の町人学者。長谷川有躬,字は子厚,のち改姓して山片芳秀,字は子蘭,蟠桃は号。通称は升屋久兵衛,七郎左衛門,小右衛門。播磨国印南郡神爪村小兵衛の次男。1760年(宝暦10)大坂に出て米仲買,大名貸で名高い升屋平右衛門の別家升屋久兵衛(蟠桃の伯父)の家を継ぐ。番頭として経営危機の本家再興に尽力し,18世紀末には東は仙台藩,西は豊後岡藩の財政を再建,全国数十藩の蔵元・掛屋・立入として異例の成功を収めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やまがたばんとう【山片蟠桃】

1748~1821) 江戸後期の商人・学者。播磨の人。大坂の豪商升屋の経営に番頭として尽力する一方、懐徳堂で儒学、麻田剛立から天文学を学ぶ。主著「夢の代しろ」には、世界への広い関心と実用主義的な合理思想がうかがえる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山片蟠桃
やまがたばんとう

[生]寛延1(1748).播磨,神爪
[没]文政4(1821).2.26.
江戸時代中期~後期の儒学者。本姓は長谷川。幼名は有躬,通称は升屋小右衛門。蟠桃は号。幼時から大坂に出て両替商升屋平右衛門に仕えた。主家の興隆に尽し,58歳で別家して山片氏を名のり,みずから両替商を営み,諸藩の蔵元として,諸藩の経済を掌握するにいたった。懐徳堂で中井竹山,履軒兄弟に朱子学を,麻田剛立に天文学や蘭学を学んだが,合理的かつ功利的な思考において傑出。主著『夢之代』『大知弁』『一致共和対策弁』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山片蟠桃
やまがたばんとう
(1748―1821)

江戸後期の町人学者。大坂の米商人で大名貸(だいみょうがし)を営む升屋(ますや)山片家の別家番頭。町人学塾懐徳堂(かいとくどう)の逸材。無神論者で、蘭学(らんがく)の影響を受けた実学思想家である。寛延(かんえん)元年、農業長谷川十兵衛(はせがわじゅうべえ)の次男として、播磨(はりま)国印南(いなみ)郡神爪(かづめ)村(兵庫県高砂(たかさご)市)に生まれる。名は有躬(ありみ)。蟠桃は号。13歳のとき山片家別家叔父久兵衛の養子となった。商才を発揮して主家再興に努力し、1783年(天明3)仙台藩の依頼を受けて藩財政の再建に成功、主家の親類扱いによって山片芳秀(よしひで)を名のった。専業の間に懐徳堂で中井竹山(なかいちくざん)・履軒(りけん)兄弟から儒学を、先事館で麻田剛立(あさだごうりゅう)に天文暦学を学び、その見識は松平定信(まつだいらさだのぶ)にも知られた。蘭癖(らんぺき)の主人の協力を受けるとともに、歴代堂主の学風である真の知識と実体験による確認、西欧医学・科学の積極的理解の態度を摂取し、自然・人文両界の本質の把握に努めた。その成果を晩年の失明にも屈せず、大著『夢の代(しろ)』全12巻にまとめた。地動説を確信し、『日本書紀』応神(おうじん)紀以前を否定、あらゆる俗信の否認、無鬼(霊魂・鬼神否定論)の強調など、その主張は今日国際的に評価されている。文政(ぶんせい)4年2月28日没。墓は大阪市北区善導(ぜんどう)寺にある。[末中哲夫]
『水田紀久・有坂隆道校注『日本思想大系43 富永仲基・山片蟠桃』(1973・岩波書店) ▽源了円編『日本の名著23 山片蟠桃・海保青陵』(1984・中央公論社) ▽末中哲夫著『山片蟠桃の研究 夢之代篇』(1971・清文堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山片蟠桃の言及

【実学】より

… 徂徠以後,実学思想は一変した。中期になると,山片蟠桃などは天文地理と医術のようなものを実学と考え,海保青陵は学問を経世済民という目的に奉仕すべきもの,今の世に役だつ学問こそ実学とした。本多利明にいたると,蘭学の影響を受け,西洋流の航海術,天文・地理,算数などの海外交易に役だつ学を実学と考えた。…

【太陽暦】より

…日本では1873年(明治6)から太陽暦が採用されたが,一部の人たちにはそれ以前にも太陽暦は知られていた。古くは戦国時代の末ころよりキリシタンの人々に利用されていたが,江戸時代の本多利明は太陽暦の便利さを説いているし,同じころ,中井履軒や山片蟠桃は太陽暦の見本を作っていた。1795年には太陽暦の1月1日に蘭方医大槻玄沢によってオランダ正月が祝われた。…

※「山片蟠桃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山片蟠桃の関連キーワードエドウィン クランストンオギュスタン ベルクジャンセン マリウスヨーゼフ クライナー升屋平右衛門(4代)バーバラ ルーシュサイデンステッカー維新前夜の文学ジョン ダワー大阪(市)小石元俊化政文化農本主義記紀批判出定後語経世論経世家升小談鬼神論朱子学

山片蟠桃の関連情報