コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大刀会 だいとうかいDa-dao-hui; Ta-tao-hui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大刀会
だいとうかい
Da-dao-hui; Ta-tao-hui

中国近代の秘密結社白蓮教の一派で 19世紀末,山東省を中心に盛んになり,拳法 (義和拳) を習いキリスト教への反対を唱えた。光緒 21 (1895) ~22年頃反キリスト教暴動 (→仇教運動 ) を起し,同 23年ドイツ宣教師を殺害した (鉅野教案,なおドイツはこれを口実に膠州湾を占領) 。同 25年から活発化し,同 26年ピークに達する義和団運動 (→義和団事変 ) にも中心勢力として参加,鎮圧後も農民の自衛的組織として活動した。またのちの中国東北部の抗日運動にも,山東省からの移民を中心とする大刀会が参加した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大刀会
だいとうかい

中国、18世紀後半から清(しん)末にかけて、山東、河南、安徽(あんき)、江蘇(こうそ)の四省境界地域に広がった民間秘密結社の一つ。白蓮(びゃくれん)教系八卦(はっけ)教の武術組織である坎門(かんもん)に由来し、呪文(じゅもん)を唱え、符(ふ)を飲み、拳術(けんじゅつ)などの武芸によって筋肉を鍛えれば、刀や銃弾を跳ね返せると説いた。19世紀後半以降、頻発した水・干害、外国工業製品の輸入による家内手工業の破壊などによる農民の流民化、大運河による税米輸送の海運への変更などがもたらした、船頭や曳船(えいせん)人夫の失業などを背景とする土匪(どひ)の跳梁(ちょうりょう)に対する自衛組織として、農民や小地主に支持され、拡大した。19世紀末、義和拳(ぎわけん)とともに、ドイツを背景とするカトリック教団(聖言会)の強引な布教に対する反キリスト教暴動に大きな役割を果たし、義和団の源流となった。[小島晋治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大刀会の言及

【義和団】より

…列強の勢力を背景に清朝の保護を受けつつ農村内部に入り込んだ教会が,中国人の土地を収奪し,帝国主義勢力の農村での経済活動の拠点となり,教民と一般農民の間に分裂をつくり,伝統的な農村の共同生活における人々の信仰や生活習慣の切り崩しにかかったためである。1896年,民間秘密結社の大刀会が大規模な仇教運動をおこしたが,大刀会の仇教運動がつぎつぎと展開される一方で,農村の下層農民大衆が教会・教民に対抗して郷土を防衛するため,村々に拳廠を設けて拳術を身につけ,〈会〉〈団〉をつくり,さらに村を連ねて仇教のための組織を形成していった。義和拳,梅花拳などと呼ばれるこの農民主体の武術集団は,大刀会と連動しながら仇教運動を拡大・高揚させていった。…

※「大刀会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報