コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十二社 にじゅうにしゃ

5件 の用語解説(二十二社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十二社
にじゅうにしゃ

平安時代以降,朝廷の奉幣を受けた 22の神社。伊勢神宮のほかは,すべて畿内の神社。昌泰1(898)年以来この名がみえているが,一定したものではなかった。長暦3(1039)年に,伊勢,石清水,賀茂,松尾,平野,稲荷,春日,大原野,大神(おおみわ),石上(いそのかみ),大和(おおやまと),広瀬,竜田,住吉,日吉,梅宮,吉田,広田,祇園,北野,丹生(にう),貴船の 22社と定められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にじゅうに‐しゃ〔ニジフニ‐〕【二十二社】

平安時代、朝廷から奉幣使の立った22の神社。伊勢石清水(いわしみず)賀茂(かも)松尾平野稲荷(いなり)春日(かすが)大原野大神(おおみわ)石上(いそのかみ)大和広瀬竜田住吉日吉(ひえ)梅宮吉田広田祇園(ぎおん)北野丹生川上(にうかわかみ)貴船(きふね)の各社。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうにしゃ【二十二社】

古代末期以降,中世に,朝廷より特別の処遇を受けた神社のことで,その総数より二十二社といい,社格の一つともみられている。古くより官社の制度とは別に朝廷より特別の崇敬を受けた神社があり,国家の重大事や,天変地異にあたって,使者を派遣,奉幣されてきた。しかし律令体制も崩れ,《延喜式》巻九・十に記す神社にもしだいに班幣されなくなる一方,依然として朝廷の篤い崇敬をうけていた神社は時代とともに二十二社に限られ,いわゆる二十二社の制ができた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にじゅうにしゃ【二十二社】

大小神社の首班に列し、朝廷の殊遇を受けた神社。国家の重大事・天変地異に際し奉幣があった。1081年に確定。上七社(伊勢・石清水・賀茂・松尾・平野・稲荷・春日)、中七社(大原野・大神おおみわ・石上いそのかみ・大和おおやまと・広瀬・竜田・住吉)、下八社(日吉ひえ・梅宮・吉田・広田・祇園・北野・丹生にう・貴船)。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二十二社
にじゅうにしゃ

平安時代中期以降、中世において朝廷より格別の崇敬を受けた神社。祈雨・祈年穀をはじめ国家の大事に際して臨時に朝廷より使を遣わし、幣帛(へいはく)を奉る神社をいう。社数22の神社をいい、社格の一種とされた。平安初期より、農作の順調な生育と祈雨・止雨祈願のための臨時奉幣が特定の有力神社である名神(みょうじん)社へ対して頻繁に行われるようになり、そのなかの有力社を中心として醍醐(だいご)朝の昌泰(しょうたい)・延喜(えんぎ)年間(898~923)にまず十六社が選ばれた。伊勢(いせ)、石清水(いわしみず)、賀茂(かも)、松尾、平野、稲荷(いなり)、春日(かすが)、大原野、大神(おおみわ)、石上(いそのかみ)、大和(やまと)、広瀬、龍田(たつた)、住吉、丹生(にう)、貴布禰(きふね)の16社をいい、伊勢および式外社の石清水、大原野社を除くとすべて名神であり、名神中の名神が選ばれている。地域的にも伊勢、住吉を除くと平安京近辺の王城鎮護の神を中心に山城(やましろ)国(京都府)7社と、古京の古社である大和国(奈良県)7社で、山城・大和の2国に集中している。承平(しょうへい)・天慶(てんぎょう)の乱の終焉(しゅうえん)する941年(天慶4)以降、十六社奉幣がしばしば行われ、966年(康保3)に制度として確立した。ついで991年(正暦2)吉田、広田、北野の3社が加わり19社、994年には梅宮(うめのみや)社を加えて20社とした。このあと995年(長徳1)に祇園(ぎおん)(八坂(やさか))が、また1039年(長暦3)以降は近江(おうみ)国(滋賀県)日吉(ひえ)社も加わるようになり、1081年(永保1)に永例とされて二十二社奉幣制度が確立した。
 平安末期には平氏の台頭により安芸(あき)国(広島県)厳島(いつくしま)社の加列が問題となったが加えられることなく、以来22の社数は固定化し、室町中期の奉幣が廃されるまで続けられた。臨時奉幣のほか、長元(ちょうげん)年間(1028~37)ごろからは2月・7月(または8月)の年2回祈年穀奉幣が恒例化するようになる。二十二社のほとんどは朝廷と深いかかわりをもち、伊勢の神嘗(かんなめ)祭、石清水祭、賀茂祭など十六神社の恒例祭が国家公的の祭祀(さいし)(公祭)とされた。明治の新たな社格制度においても、古来の伝統が重んじられ、別格の伊勢を除いてすべて官幣大・中社に列している。[岡田荘司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の二十二社の言及

【神社】より

…さらに平安時代になると,国内の神々を一ヵ所にまつる総社(そうじや)が建てられたりした。朝廷でも全国の神社に奉幣するかわりに,畿内の二十二社(にじゆうにしや)に奉幣することが多くなり,二十二社に選ばれた神社は特別の社格を認められたもののように考えられた。 鎌倉時代以降,幕府や大名はいずれも神社の修理造替につとめ,神領地を寄進し敬神の態度をとった。…

【神道】より

…さらに平安時代の末になると,国内の数々の神社を一社に統合して奉幣を簡略にすることもはじまり,そうした神社を総社(そうじや)と呼んだ。同じころ,朝廷でも重要な祈願に際して,畿内を中心に主要な神社を選んで奉幣することがはじまり,二十二社(にじゆうにしや)の名が固定した。神社の祭祀を政治の中で重視することは,鎌倉幕府以後の武家政権にも受け継がれ,神社をめぐる制度はさまざまに変遷した。…

※「二十二社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二十二社の関連キーワード一宮ドプシュ平安時代在俗僧殊遇定額僧調所刑事収容施設法足利[市]美祢[市]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone