コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大妻女子大学 おおつまじょしだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大妻女子大学
おおつまじょしだいがく

私立女子大学。創設者である大妻コタカが 1908年に始めた裁縫,手芸を教える家塾を起源とする。1917年大妻技芸学校,1942年に大妻女子専門学校となり,1949年 4年制大学が発足家政学部を置いた。1967年文学部,1992年社会情報学部,1999年人間関係学部,比較文化学部を増設。1972年大学院を設置。短期大学部を併設。人間生活文化研究所,草稿・テキスト研究所などを付設している。本部所在地は東京都千代田区

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおつま‐じょしだいがく〔おほつまヂヨシダイガク〕【大妻女子大学】

東京都千代田区に本部がある私立大学。大妻技芸学校、高等女学校、大妻女子専門学校を経て、昭和24年(1949)新制大学として発足。平成18年(2006)大学院を男女共学化。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大妻女子大学【おおつまじょしだいがく】

東京都千代田区に本部を置く私立女子大学。1908年大妻コタカの開いた和裁,手芸の私塾に始まり,1916年大妻技芸学校,1942年大妻女子専門学校と発展し,1949年新制大学となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大妻女子大学
おおつまじょしだいがく

私立。1908年(明治41)大妻コタカ(1884―1970)が開いた裁縫、手芸塾を起源とする大妻女子専門学校(1942年設立)を前身とし、1949年(昭和24)新制大学として設置された。良妻賢母主義を貫く家政学部(被服学科、食物学科、児童学科、ライフデザイン学科)が中心であったが、1967年文学部を設置、その後、社会情報学部、人間関係学部、比較文化学部が置かれ、2010年(平成22)時点では5学部である。ほかに大学院(人間文化研究科)、短期大学部、人間生活文化研究所(人間生活科学研究所を2008年改組)がある。本部は東京都千代田区三番町12(千代田校舎)。[喜多村和之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大妻女子大学の関連キーワード大妻 コタカ広田 栄太郎埼玉県入間市内藤 誉三郎千代田[区]美濃部 たか河原 春作瀬川 清子近藤 四郎吉田 精一武政 太郎成田 成寿内藤誉三郎吉田 凞生鈴木 三郎手塚 豊河原春作

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大妻女子大学の関連情報