コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山田 おおやまだ

2件 の用語解説(大山田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大山田
おおやまだ

三重県北西部,伊賀市東部の旧村域。布引山地北西麓に位置する。 1955年山田村,布引村,阿波村が合体して大山田村が発足。 2004年上野市,伊賀町,島ヶ原村,阿山町,青山町と合体して伊賀市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大山田
おおやまだ

三重県中西部、阿山(あやま)郡にあった旧村名(大山田村(むら))。現在は伊賀(いが)市の東部を占める一地域。2004年(平成16)上野(うえの)市、伊賀町、阿山町、青山町、島ヶ原村と合併、伊賀市となる。名称の「大山田」は古代からの郡名に大の字を冠したもの。旧村域は、上野盆地の東端に位置し、東は急峻(きゅうしゅん)な布引(ぬのびき)山地、西は低い丘陵を隔てて上野に続く。中心集落は平田(ひらた)。上野から長野峠を越えて津市に至る伊賀街道(国道163号)が通じる。総面積の約70%が山林で、農業と林業が主産業。肉牛(伊賀牛)を産する。洋ラン栽培も盛ん。松尾芭蕉(ばしょう)が「丈六に陽炎(かげろう)高し石の上」と詠んだ丈六仏を祀(まつ)る新大仏寺があり、木造如来(にょらい)坐像(頭部は快慶(かいけい)作)などの国指定重要文化財を所蔵する。服部(はっとり)川流域には、国の特別天然記念物オオサンショウウオの生息地がある。植木神社の祇園(ぎおん)祭は県の無形文化財になっている。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大山田の関連キーワード三重県伊賀市荒木三重県伊賀市沖三重県伊賀市川合三重県伊賀市瀧三重県伊賀市寺田三重県伊賀市東条三重県伊賀市東高倉三重県伊賀市東谷三重県伊賀市東湯舟三重県伊賀市比土

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大山田の関連情報