コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布引山地 ぬのびきさんち

6件 の用語解説(布引山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布引山地
ぬのびきさんち

三重県中部を南北に連なる山地。北は加太越から南は大洞山 (おおぼらやま。 985m) までで,南端は室生火山群に接する。伊勢平野上野盆地の境をなし,最高峰の大洞山をはじめ,尼ヶ岳 (958m) ,笠取山 (842m) ,経ヶ峰 (820m) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぬのびき‐さんち【布引山地】

三重県中西部、伊勢平野上野盆地の境に南北に連なる山地。長さ約30キロメートル。最高峰は南部に位置する大洞(おおぼら)山(標高985メートル)。東西を断層で区切られ、伊勢湾側が急崖となっている。山地中に約16キロメートルにわたって隆起準平原が広がり、青山高原呼ばれる室生(むろう)赤目青山国定公園に属する。名は、地形が布を引いたように見えるところから。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぬのびきさんち【布引山地】

三重県の北西部を南北に走り,伊勢平野上野盆地を分ける山地。北は加太(かぶと)の鞍部で鈴鹿山脈と接し,南は尼ヶ岳(958m),大洞(おおぼら)山(985m)を経て高見山地に続く。地質は花コウ岩類からなるが,室生火山群に属する。尼ヶ岳と大洞山は流紋岩質の溶結凝灰岩が浸食や変位を受けたものである。鈴鹿山脈など近畿地方の内帯中部にみられる南北方向の山地とともに,六甲変動によって準平原状の小起伏面が隆起したもので,東側は一志断層により急崖となって伊勢平野に臨み,西側は上野盆地に向かって緩やかに傾斜している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぬのびきさんち【布引山地】

三重県中部を南北に走る山地。東側は伊勢平野、西側は上野盆地となる。700~900メートルの山が多い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕布引山地(ぬのびきさんち)


三重県中部、伊勢(いせ)平野と上野(うえの)盆地の間を南北に走る山地。伊勢・伊賀(いが)の国境をなした。南北約30km。最高峰は大洞(おおぼら)山(標高985m)。北は加太(かぶと)地溝帯を越えて鈴鹿(すずか)山脈に対し、南は高見(たかみ)山地に続く。大部分は室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園に属する。青山高原は標高800m前後の平坦(へいたん)な尾根が広がり、近畿圏・中京圏からの行楽地。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布引山地
ぬのびきさんち

三重県中西部、伊勢(いせ)平野と上野盆地の境を南北に走る山地。北は加太(かぶと)地溝から南は室生(むろう)火山群まで約30キロメートル続く。最高峰の大洞(おおぼら)山(985メートル)のほかに尼(あま)ヶ岳(958メートル)、笠取(かさとり)山(842メートル)、経(きょう)ヶ峰(819メートル)などがある。山地は東西を断層で切られ、伊勢湾側に急崖(きゅうがい)をなす傾動地塁で、領家(りょうけ)帯の片麻(へんま)岩類、花崗(かこう)岩類で構成される。山頂に隆起準平原の平坦(へいたん)面が約16キロメートルにわたって広がり、青山(あおやま)高原とよばれ、室生赤目(あかめ)青山国定公園の一部をなしている。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

布引山地の関連情報