コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島ヶ原 しまがはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島ヶ原
しまがはら

三重県北西部,伊賀市西部の旧村域。上野盆地北西端に位置する。1889年村制。2004年上野市,伊賀町,阿山町,大山田村,青山町と合体して伊賀市となった。地名は近世までの郷名にちなむ。東西に木津川が流れ,川に沿って伊賀街道(国道163号線)と JR関西本線が走る。鎌倉時代から伊賀越えの宿場であり,江戸時代には奈良街道の宿場町として栄えた。今日でも本陣が残る。耕地は少なく,南部丘陵の新第三紀層からは耐火煉瓦用粘土,陶器用ケイ砂を産する。東大寺別院の正月堂(観菩提寺)は,奈良の二月堂法華堂(三月堂)と並び称せられ,旧正月(2月9~10日)の修正会(しゅじょうえ)は有名。本堂,楼門,十一面観音像などの文化財を所蔵する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島ヶ原
しまがはら

三重県中西部、阿山(あやま)郡にあった旧村名(島ヶ原村(むら))。現在は伊賀(いが)市の西端を占める一地域。2004年(平成16)上野(うえの)市、伊賀町、阿山町、青山町、大山田村と合併、伊賀市となる。名称の「島ヶ原」は近世までの郷村名による。旧村域は、上野盆地の西端に位置し、中央を木津(きづ)川が西流し、川に沿って国道163号とJR関西本線が通じる。鎌倉時代から伊賀越えの宿であり、江戸時代には奈良街道の島ヶ原宿として栄えた。また1854年(安政1)の地震までは木津川を川舟が遡航(そこう)した。明治になって南部丘陵の第三紀層に耐火性の高い木節粘土と陶器用珪砂(けいさ)の層が発見され、現在も主要産物として移出されているほか、地区内に耐火れんが工場がある。農業は米作を中心に、キュウリの抑制栽培などが行われている。観菩提寺(かんぼだいじ)(正月堂)は奈良東大寺二月堂の別院といわれ、本堂と楼門は室町期のもので伊賀地方最古の建造物であり国の重要文化財、同寺の十一面観音立像も国の重要文化財に指定される。観菩提寺の修正会(しゅしょうえ)は県指定無形民俗文化財。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

島ヶ原の関連キーワード長野県諏訪郡下諏訪町埼玉県さいたま市桜区さいたま(市)桜井(愛媛県)青山(三重県)上野(三重県)島ヶ原[村]三重県伊賀市伊賀[市]富士川の戦阿山[町]富士[市]サクラソウさいたま市伊賀(市)木節粘土岳南地域桜井海岸田子の浦長浜城跡

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android