コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿山 あやま

2件 の用語解説(阿山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿山
あやま

三重県北西部,伊賀市北部の旧町域。上野盆地の北に続く丘陵地にある。 1954年河合村,玉滝村,鞆田村が合体して阿山村となり,1955年丸柱村の一部と合体,1967年町制。 2004年上野市,伊賀町,島ヶ原村,大山田村,青山町と合体して伊賀市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿山
あやま

三重県中西部、阿山郡にあった旧町名(阿山町(ちょう))。現在は伊賀(いが)市の北部を占める一地域。1954年(昭和29)10月河合(かわい)、玉滝(たまたき)2村が合併して阿拝(あへ)村を設置、同年12月鞆田(ともだ)村を合併、阿山村と改称。1955年丸柱(まるばしら)村を合併した。1967年町制施行。2004年(平成16)上野市、伊賀町、青山町、島ヶ原村、大山田村と合併、伊賀市となる。名称の「阿山」の由来は、1896年(明治29)阿拝郡と山田郡が合して阿山郡となり、その中心村を阿山村としたのを引き継いだもの。旧町域は上野盆地の北端に位置し、全域が滋賀県との境に続く標高200~300メートルの丘陵性山地で、集落は鞆田川と河合川に沿って散在する。国道422号が通じ、南端をJR関西本線と国道25号が並行して走る。開発の歴史は古く、玉滝には、奈良時代東大寺の北杣(そま)として始まり、開墾が進んで同寺の荘園(しょうえん)となった記録が残る。丸柱は滋賀県信楽(しがらき)に接する粘土の産地で伊賀焼の本場。土鍋(どなべ)、植木鉢などのほか美術陶芸も盛ん。稲作のほか、伊賀牛、伊賀豚などの畜産も行われる。近くに名阪国道が開通した後、工業化も進んでいる。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿山の関連キーワード伊賀〈町〉上野〈市〉三重県伊賀市上野魚町三重県伊賀市上野桑町三重県伊賀市上野新町三重県伊賀市上野寺町三重県伊賀市上野中町三重県伊賀市上野東町三重県伊賀市上野丸之内三重県伊賀市北山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿山の関連情報