コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿山 あやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿山
あやま

三重県北西部,伊賀市北部の旧町域。上野盆地の北に続く丘陵地にある。 1954年河合村,玉滝村,鞆田村が合体して阿山村となり,1955年丸柱村の一部と合体,1967年町制。 2004年上野市,伊賀町,島ヶ原村,大山田村,青山町と合体して伊賀市となった。大部分が山地で木材を産出。基幹産業は農業で,養鶏,養豚も行なわれる。開発の歴史は古く,北部の玉滝は奈良時代東大寺領となり,のち荘園となった記録がある。西部の丸柱では良質の粘土を産し,奈良時代から伊賀焼の丸柱窯として知られる。主産品は土鍋,花器,茶器など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿山
あやま

三重県中西部、阿山郡にあった旧町名(阿山町(ちょう))。現在は伊賀(いが)市の北部を占める一地域。1954年(昭和29)10月河合(かわい)、玉滝(たまたき)2村が合併して阿拝(あへ)村を設置、同年12月鞆田(ともだ)村を合併、阿山村と改称。1955年丸柱(まるばしら)村を合併した。1967年町制施行。2004年(平成16)上野市、伊賀町、青山町、島ヶ原村、大山田村と合併、伊賀市となる。名称の「阿山」の由来は、1896年(明治29)阿拝郡と山田郡が合して阿山郡となり、その中心村を阿山村としたのを引き継いだもの。旧町域は上野盆地の北端に位置し、全域が滋賀県との境に続く標高200~300メートルの丘陵性山地で、集落は鞆田川と河合川に沿って散在する。国道422号が通じ、南端をJR関西本線と国道25号が並行して走る。開発の歴史は古く、玉滝には、奈良時代東大寺の北杣(そま)として始まり、開墾が進んで同寺の荘園(しょうえん)となった記録が残る。丸柱は滋賀県信楽(しがらき)に接する粘土の産地で伊賀焼の本場。土鍋(どなべ)、植木鉢などのほか美術陶芸も盛ん。稲作のほか、伊賀牛、伊賀豚などの畜産も行われる。近くに名阪国道が開通した後、工業化も進んでいる。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

阿山の関連キーワード三重県伊賀市川合久兵衛(初代)大山田〈村〉島ヶ原〈村〉三重県伊賀市大山田[村]島ヶ原[村]木津 慶次郎仁保 清作伊賀(市)木津慶次郎伊賀[町]伝蔵(1)伊賀〈町〉竹島 卓一田山 方南砂原 茂一阿山〈町〉阿山[町]伊賀[市]

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿山の関連情報