コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田無 たなし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田無
たなし

東京都中部,西東京市西部の地名。武蔵野台地上にある。旧市名。 1967年市制。 2001年1月に保谷市と合併し,西東京市となった。地名は水田がなかったことに由来するといわれる。慶長 11 (1606) 年江戸城大修築のため開かれた青梅街道の宿場町として発展。 1927年西武鉄道開通後は都心との結びつきが深まり,東京大学農学部実習農場,演習林が設けられ,宅地化も進展。第2次世界大戦中に航空機製造工場が誘致された。現在は金属,時計,機械などの工場がある。戦後,北部に住宅・都市整備公団 (→都市再生機構 ) のひばりが丘団地ができ,都営住宅団地や社宅なども多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田無
たなし

東京都北西部にある西東京市西部の地区。1967年(昭和42)市制施行、2001年(平成13)東に接する保谷(ほうや)市と合併して西東京市となった。西武鉄道新宿線が通る。1606年(慶長11)、江戸城大修理の資材運搬の目的で青梅(おうめ)街道が開かれた。その資材の石灰運送の伝馬継立ての宿場として発達し、運送にあたる人夫の食事提供のため、農家が田畑の耕作をなおざりにして街道沿いに集落を開いたことが地名のおこりという。また、武蔵野(むさしの)台地の中央部にあり、台地上の乏水性地域で水田がなかったことに由来するともいう。青梅街道沿いの宿場町、また所沢街道・保谷(ほうや)街道の分岐点の市場町として毎月一と六の日に市(いち)が開かれた。昭和以後住宅地、工場地として発展した。現在、時計、機械、特殊金属、重電機など都心から立地移動した内陸工業がみられる。宅地化も第二次世界大戦後急激に進み、保谷地区、東久留米(ひがしくるめ)市にまたがって大規模なひばりが丘住宅団地が形成されている。北東部に東京大学大学院の広大な農場や演習林が緑地をつくり、それに接して西東京いこいの森公園がある。南は石神井(しゃくじい)川の侵食谷が曲がっている。[沢田 清]
『『田無市史』全4巻(1995・田無市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の田無の言及

【沖縄[県]】より

…その上から〈衣〉を着て,合わせた上前(うわまえ)の右腰部分を,下袴に締めてある小帯に,上から押し込むようにして挟み込む着装法である。1920年代ころまでは士族の女性は家居の場合でも威儀を正した服装で,夏季も〈衣〉の上に帯を締め,その上から田無(たなし)という絽地花織(花倉織)の夏季用打掛を着ていたという。明治時代の沖縄の絵画や大正時代から現代にいたる沖縄の写真資料にしばしば〈衣〉の前の打合せが左前(左衽(さじん))になっているのがあるが,中国の服装文化と日本の服装文化とのなんらかの影響が,現代にこういう現象となって残されているのだと思われる。…

※「田無」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田無の関連情報