奥田義人(読み)おくだ よしと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田義人 おくだ-よしと

1860-1917 明治-大正時代の官僚,政治家。
万延元年6月14日生まれ。農商務省にはいり,拓殖務,農商務,文部の次官をつとめる。明治36年衆議院議員(当選2回)。大正2年第1次山本内閣の文相,翌年法相となった。4年東京市長。民法に精通し英吉利(イギリス)法律学校の創設にかかわり,後身の中央大学長をつとめた。貴族院議員。大正6年8月21日死去。58歳。因幡(いなば)(鳥取県)出身。東京大学卒。著作に「民法親族法論」など。
【格言など】人生の基点は一日にあり(郷里の後輩にあたえた訓)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android