コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田義人 おくだ よしと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田義人 おくだ-よしと

1860-1917 明治-大正時代の官僚,政治家。
万延元年6月14日生まれ。農商務省にはいり,拓殖務,農商務,文部の次官をつとめる。明治36年衆議院議員(当選2回)。大正2年第1次山本内閣の文相,翌年法相となった。4年東京市長。民法に精通し英吉利(イギリス)法律学校の創設にかかわり,後身の中央大学長をつとめた。貴族院議員。大正6年8月21日死去。58歳。因幡(いなば)(鳥取県)出身。東京大学卒。著作に「民法親族法論」など。
【格言など】人生の基点は一日にあり(郷里の後輩にあたえた訓)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥田義人の関連キーワード6月14日京大事件穂積八束大岡育造森 広蔵英吉利

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android