コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島亮吉 オオシマリョウキチ

5件 の用語解説(大島亮吉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおしま‐りょうきち〔おほしまリヤウキチ〕【大島亮吉】

[1899~1928]登山家。東京の生まれ。大正11年(1922)北アルプス槍ヶ岳の冬期初登頂に成功。登山思想の確立に努めたが、昭和3年(1928)3月、前穂高岳北尾根で墜落死。著「山」「先蹤者」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島亮吉 おおしま-りょうきち

1899-1928 大正-昭和時代前期の登山家。
明治32年9月4日生まれ。大正4年槙有恒(まき-ありつね)らが設立した慶大山岳会にはいる。奥穂高,前穂高の積雪期初登頂,谷川岳岩場の開拓など,パイオニアとしての足跡をのこす。また西欧の登山思想・技術を紹介した。昭和3年3月25日前穂高岳北尾根で墜死。30歳。東京出身。慶大卒。遺著に「山」「先蹤(せんしょう)者」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおしまりょうきち【大島亮吉】

1899‐1928(明治32‐昭和3)
日本の近代登山の先駆者の一人。東京都出身。慶応義塾大学経済学部在学中に槙有恒,三田幸夫らとともに慶大山岳部の中心として活躍。1922年には槙らと槍ヶ岳冬季初登,24年奥穂高岳北穂高岳冬季初登などの記録を残した。また諸外国の登山関係文献を研究紹介し,慶大山岳部部報《登高行》などに多くの論文を発表。他方〈荒船と神津牧場付近〉など文学的な文章も書き,広い視野をもった登山家として多大な影響を登山界に与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおしまりょうきち【大島亮吉】

1899~1928) 登山家。東京生まれ。慶大山岳部に属し、槙有恒らと槍ヶ岳・奥穂高岳・北穂高岳などの冬期初登頂などを行うが、前穂高岳で墜落死。著「山」「先蹤者」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大島亮吉
おおしまりょうきち
(1899―1928)

登山家。東京出身。1919年(大正8)慶応義塾大学経済予科に進学。21年槇有恒(まきありつね)の帰国で近代登山技術が伝えられ、槇らとともに穂高岳を中心として登攀(とうはん)を行うとともに、諸外国の登山文献の紹介と登山思想の確立に努め、登山界に多くの影響を与えた。昭和3年3月前穂高北尾根で墜落死。『山』『先蹤者(せんしょうしゃ)』などの遺著や『大島亮吉全集』などにその優れた思想をうかがうことができる。[徳久球雄]
『本郷常幸他編『大島亮吉全集』全5巻(1970・あかね書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大島亮吉の関連キーワード春木一郎フレッシュフィールド国立近代美術館木暮理太郎叫び先駆者西堀栄三郎槙有恒小池正朝塚本閤治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大島亮吉の関連情報