コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大恐怖 だいきょうふ

百科事典マイペディアの解説

大恐怖【だいきょうふ】

フランス革命初期の1789年夏にフランス全土の農村を席巻した社会不安。バスティーユ襲撃の後,貴族による反革命陰謀のうわさ農民をとらえ,自己防衛の意識が蜂起となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいきょうふ【大恐怖 Grande Peur】

フランス革命初期の1789年夏にフランスの農村で広範に生じた騒乱状態をいう。この年の3月末から8月にかけて各地で農民蜂起が発生しており,それらの農民蜂起と大恐怖とは不可分の関係にあるが,大恐怖と呼ばれる騒乱状態は,本来の農民蜂起とは区別された一種の集団心理的なパニック現象を指している。それは,農民蜂起よりもはるかに広範囲にわたり,7月末から8月初めまでの短期間のうちにフランスのほとんど全土にまで波及した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大恐怖
だいきょうふ
Grande Peurフランス語

フランス革命の初期、1789年の7月からフランス全国の農村に巻き起こった社会不安をさす。革命前の旧制度の末期における経済危機、すなわち近代的分解による農業プロレタリアートの発生、農村での人口の流動化などによって、都市での失業労働者が増加してくると、耕作農民は、この浮動集団が農村に侵入してくることを恐れた。そしてこの恐怖が、かつての七年戦争下の略奪の伝承に結び付いて、ほんの少しのうわさや、わずかの暗示によって、強盗来襲といったパニックの広がりうる状況が醸成されていた。89年春から始まった領主制に対する農民の反抗は、共有地の奪還、囲い込み地の破壊といった形で進行していたが、これが、7月14日のパリにおけるバスチーユ攻略成功、これに対する王権の譲歩の報と結び付いた結果、革命に反対する貴族の陰謀との対決、一般的に反革命勢力に対する決戦という政治意識を高揚させた。警鐘と警報に応じて農民は集団行動を組織し、館邸の襲撃、封建的土地所有に関係する書類を中心とした文書の焼却など、領主および領主制に対する直接攻撃を行った。このパニック現象は、地方によって、また、革命派による指導と農民の自発性との結合のあり方によって、さまざまな形をとったが、全体的には7月末における地方諸都市の市政革命の進行によって鎮静化へと向かった。最終的には憲法制定議会における封建制廃止決議への最大の動因となった。[樋口謹一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大恐怖の言及

【農民反乱】より

…第1には,領主制と直接に対峙するものであり,ヒルトンはこれを〈地代をめぐる闘争〉と呼んだが,地代徴収を軸とする領主権に対し,年貢の減免,バナリテ(領主の製粉所やパン焼がまの使用強制権)の制限などを要求する反領主一揆である。このタイプは,中世の農民蜂起の基本型をなすものだが,ドイツ農民戦争(1524‐25)の12ヵ条の要求や革命前夜フランス全土に広まった〈大恐怖〉の蜂起(1789)においても,領主制批判が前面に押し出されている。 第2には,個別領主に対する要求の域を越え,国家の租税や軍隊の徴発などに反対する一揆であり,農民反乱の名で呼ばれるような大規模な蜂起には,この型のものが多い。…

※「大恐怖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大恐怖の関連キーワードルフェーブル(Georges Lefebvre)フランス革命史(年表)グランド・プールサン・キュロット八月四日の夜

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android