コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内閣情報局 ないかくじょうほうきょく

5件 の用語解説(内閣情報局の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内閣情報局
ないかくじょうほうきょく

第2次世界大戦中,情報収集,宣伝のためおかれた内閣直属の国家機関で,言論,思想統制の中枢となった。第2次近衛内閣のもと,1940年 12月情報局官制 (昭和 15年勅令 864号) の公布によって設立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内閣情報局【ないかくじょうほうきょく】

第2次大戦中,情報宣伝事務と言論思想の統制を行った内閣直属の機関。同盟通信社を監督するために1936年設置された内閣の情報委員会が,1937年内閣情報部となり,1940年さらに拡充改組されたもの。
→関連項目日本文学報国会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ないかくじょうほうきょく【内閣情報局】

情報を収集・統制し,世論操作,宣伝にあたるため,1940年12月に創設された内閣直属機関。第1次大戦後,当時の戦略思想の主流となった総力戦思想に触発されて,強力な情報宣伝の国家機関を設立しようとする動きが軍部などに生じ,陸海軍や外務省の各部局の一部に宣伝政策のための機関が設立された。満州事変に際しては軍や外務省の対外宣伝に相違がみられ,政府部内の情報宣伝の統一強化が要望され,1932年9月10日,外務,陸軍,海軍,文部,内務,逓信6省の情報関係局部長による非公式な情報委員会が発足した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ないかくじょうほうきょく【内閣情報局】

第二次大戦中、言論・思想の統制にあたった内閣直属機関。1940年(昭和15)設置、戦後廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内閣情報局
ないかくじょうほうきょく

第二次近衛文麿(このえふみまろ)内閣期の1940年(昭和15)12月に発足したファシズム的マス・メディア統制のための国家機関。すでに1932年9月には、外務、陸軍、海軍、文部、内務、逓信(ていしん)の各省の関係官による非公式な情報委員会が設立されていたが、これが36年7月に内閣情報委員会に発展した。この段階での機能は各省の関係機関の連絡調整にとどまったが、36年6月には対外宣伝強化のためにつくられた同盟通信社を監督、助成する独自の任務をもち、また、同年10月には『週報』を創刊した。内閣情報委員会は37年9月に内閣情報部に改組、連絡調整に加えて、部分的にではあるが独自の情報宣伝機能を担うことになり、専任の情報官が置かれた。さらに40年12月には内閣情報局に改組され、マス・メディアの取締りと内外への情報宣伝機能を統合した一元的な中央情報機関となった。情報局には総裁、次長の下に、一官房、五部17課が置かれた。第一部は企画調査、第二部は新聞、出版、報道の指導取締り、第三部は対外宣伝、第四部は出版物などの検閲取締り、第五部は映画、芸術などの文化宣伝を、それぞれ担当した。このうち、とくに第一部、第二部の部長、情報官には軍人が配置されて主導権を握り、一方では言論界の人間を動員して官民一致の態勢をつくりあげ、太平洋戦争期には「世論指導」に威力を発揮した。しかし、大本営報道部は存続し、内務省警保局検閲課との間では兼官制度を敷くなど機構の実質的一元化は達成されず、ために数次の機構改革が行われた。一元化が完成したのは敗戦直前の45年5月で、年末には機構そのものが廃止された。[北河賢三]
『『現代史資料40・41 マス・メディア統制1・2』(1973、75・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内閣情報局の言及

【言論統制】より

…満州事変以後のファシズム時代の言論統制は一段ときびしさを加え,自由主義を含むあらゆる反ファシズム言論の息の根をとめた。最初は情報宣伝の連絡調整機関として設置された内閣情報委員会(1936)は,情報部(1937)から情報局(1940,〈内閣情報局〉の項目参照)へと拡大発展し言論統制と情報宣伝を統一的に実施する一大国家機関が出現することになった。これと並行して,国外国内のニュース・ソースを一元化した国策通信社〈同盟通信社〉が設立(1936)された。…

※「内閣情報局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内閣情報局の関連キーワード情報検索産業スパイ図書館情宣情報網情報局HUMINT宣伝会議指揮・統制システム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内閣情報局の関連情報