コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森義太郎 おおもりよしたろう

6件 の用語解説(大森義太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大森義太郎
おおもりよしたろう

[生]1898.9.26. 横浜
[没]1940.7.28. 東京
マルクス主義経済学者。 1922年東京帝国大学卒業。同年同大学助教授。雑誌『大衆』参加後,労農派機関誌『労農』の創刊 (1927) に尽力,労農派の論客として活躍したが,28年には三・一五事件で大学を追われ,37年第1次人民戦線事件に連座し検挙された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおもり‐よしたろう〔おほもりよしタラウ〕【大森義太郎】

[1898~1940]経済学者・評論家。神奈川の生まれ。労農派の理論的指導者の一人として活躍。著「まてりありすむす・みりたんす」「史的唯物論」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森義太郎 おおもり-よしたろう

1898-1940 大正-昭和時代前期の経済学者,評論家。
明治31年9月26日生まれ。大正13年母校東京帝大の助教授。マルクス主義者として雑誌「労農」の創刊などに参加。昭和3年三・一五事件に関連して辞職。12年人民戦線事件で検挙された。昭和15年7月28日死去。43歳。神奈川県出身。筆名は成瀬光雄。著作に「史的唯物論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおもりよしたろう【大森義太郎】

1898‐1940(明治31‐昭和15)
労農派の理論的指導者。横浜市に生まれる。東大経済学部卒業後,助手を経て同学部助教授となった。その間,E.レーデラーの薫陶を受ける。1925年山田盛太郎有沢広巳らと政治研究会に加入。翌年雑誌《大衆》編集同人。27年鈴木茂三郎らと〈大衆〉グループを率いて労農派結成に参加した。翌年三・一五事件の影響で東大を退職。以後労農派の理論家として活動し,とりわけ30年以降同派の指導的地位にあった。山川均の共同戦線党論の擁護につとめ,35年以降は反ファッショ統一戦線運動を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおもりよしたろう【大森義太郎】

1898~1940) 経済学者。神奈川県生まれ。労農派の理論的指導者。東大助教授のとき三・一五事件の影響で辞職。人民戦線事件で検挙され、保釈後病死。著「史的唯物論」「唯物弁証法読本」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大森義太郎
おおもりよしたろう
(1898―1940)

マルクス主義者、評論家。明治31年9月26日横浜市に生まれる。東京帝国大学経済学部を卒業、同学部助手を経て助教授。才気あふれる文章でマルクス主義を論じ、若くして論壇の花形となった。1926年(大正15)極左派批判の立場から鈴木茂三郎(もさぶろう)などと雑誌『大衆』を創刊、27年(昭和2)創刊の雑誌『労農』にも同人として参加した。その華やかな左翼的言動のため、28年の三・一五事件の直後に東大を辞職させられた。その後も労農派の一員として、政治、経済から思想、文学、映画批評にもわたる多彩な評論活動を続けたが、37年に人民戦線事件で検挙され、38年病気のため保釈となったが、病いえず40年(昭和15)7月28日に没した。著書に『史的唯物論』(1932)、『まてりありすむす・みりたんす』(1934)などがある。[山崎春成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大森義太郎の関連キーワード633美の里いの(町)吾北社会小説自民党総裁選愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場ホスピスアジア太平洋インポートマート(AIM)モナクカバキチ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone