コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森義太郎 おおもりよしたろう

6件 の用語解説(大森義太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大森義太郎
おおもりよしたろう

[生]1898.9.26. 横浜
[没]1940.7.28. 東京
マルクス主義経済学者。 1922年東京帝国大学卒業。同年同大学助教授。雑誌『大衆』参加後,労農派機関誌『労農』の創刊 (1927) に尽力,労農派の論客として活躍したが,28年には三・一五事件で大学を追われ,37年第1次人民戦線事件に連座し検挙された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおもり‐よしたろう〔おほもりよしタラウ〕【大森義太郎】

[1898~1940]経済学者・評論家。神奈川の生まれ。労農派の理論的指導者の一人として活躍。著「まてりありすむす・みりたんす」「史的唯物論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森義太郎 おおもり-よしたろう

1898-1940 大正-昭和時代前期の経済学者,評論家。
明治31年9月26日生まれ。大正13年母校東京帝大の助教授。マルクス主義者として雑誌「労農」の創刊などに参加。昭和3年三・一五事件に関連して辞職。12年人民戦線事件で検挙された。昭和15年7月28日死去。43歳。神奈川県出身。筆名は成瀬光雄。著作に「史的唯物論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおもりよしたろう【大森義太郎】

1898‐1940(明治31‐昭和15)
労農派の理論的指導者。横浜市に生まれる。東大経済学部卒業後,助手を経て同学部助教授となった。その間,E.レーデラーの薫陶を受ける。1925年山田盛太郎有沢広巳らと政治研究会に加入。翌年雑誌《大衆》編集同人。27年鈴木茂三郎らと〈大衆〉グループを率いて労農派結成に参加した。翌年三・一五事件の影響で東大を退職。以後労農派の理論家として活動し,とりわけ30年以降同派の指導的地位にあった。山川均の共同戦線党論の擁護につとめ,35年以降は反ファッショ統一戦線運動を提唱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおもりよしたろう【大森義太郎】

1898~1940) 経済学者。神奈川県生まれ。労農派の理論的指導者。東大助教授のとき三・一五事件の影響で辞職。人民戦線事件で検挙され、保釈後病死。著「史的唯物論」「唯物弁証法読本」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大森義太郎
おおもりよしたろう
(1898―1940)

マルクス主義者、評論家。明治31年9月26日横浜市に生まれる。東京帝国大学経済学部を卒業、同学部助手を経て助教授。才気あふれる文章でマルクス主義を論じ、若くして論壇の花形となった。1926年(大正15)極左派批判の立場から鈴木茂三郎(もさぶろう)などと雑誌『大衆』を創刊、27年(昭和2)創刊の雑誌『労農』にも同人として参加した。その華やかな左翼的言動のため、28年の三・一五事件の直後に東大を辞職させられた。その後も労農派の一員として、政治、経済から思想、文学、映画批評にもわたる多彩な評論活動を続けたが、37年に人民戦線事件で検挙され、38年病気のため保釈となったが、病いえず40年(昭和15)7月28日に没した。著書に『史的唯物論』(1932)、『まてりありすむす・みりたんす』(1934)などがある。[山崎春成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大森義太郎の関連キーワード周揚人民戦線事件プレハーノフ勝田守一ヒルファディング理論的理論段数重力の理論平田延胤労農派教授グループ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone