コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江満雄 おおえ みつお

2件 の用語解説(大江満雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江満雄 おおえ-みつお

1906-1991 昭和時代の詩人。
明治39年7月24日生まれ。生田春月の「詩と人生」に参加。昭和3年表現主義風の第1詩集「血の花が開く時」を刊行。プロレタリア詩運動にくわわる。戦後は「至上律」「現代詩」などで活躍,ユネスコ運動にも参加した。平成3年10月12日死去。85歳。高知県出身。詩集はほかに「日本海流」「海峡」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大江満雄
おおえみつお
(1906―1991)

詩人。高知県生まれ。労働学院卒業。小学校卒業後独学し、キリスト教会に通う。14歳で上京し、石版印刷工をしながら詩を書き始める。生田春月(いくたしゅんげつ)の影響下に人生派詩人として出発、第二次世界大戦前に『文芸世紀』を創刊。『野獣群』に作品を発表。伊藤信吉らと『労働派』発刊。『プロレタリア詩』の発刊など、プロレタリア詩人として幅広い活動をする。戦後は『現代詩』『至上律(しじょうりつ)』などで活躍。キリスト教的理想主義にたつ幻想的で人間愛に満ちた抒情(じょじょう)詩に冴(さ)えをみせる。1950年(昭和25)の現代詩人会(現・日本現代詩人会)結成時の発起人の一人。詩集に第一詩集の『血の花が開くとき』(1928)、『日本海流』(1943)、『海峡』(1954)、『機械の呼吸』(1955)。評論集に『日本詩語の研究』(1942)など。ハンセン病患者との出会いから、全国のハンセン病患者の詩を編纂(へんさん)した『いのちの芽』(1953)を刊行した。離れキリシタンの調査研究など、社会的弱者に温かな目を注いだ仕事を続けた。『うたものがたり』(1947)、『子どものためのイエス伝』(1949)など児童文学の著作もある。没後の1996年(平成8)、『大江満雄集 詩と評論』が思想の科学社から刊行された。[吉田文憲]
『『日本詩語の研究』(1942・山雅房) ▽『国民詩について』(1944・育英書院) ▽『海峡』(1954・昭森社) ▽森田進ほか編・解説、伊藤信吉・小田切秀雄監修『大江満雄集 詩と評論』2冊(1996・思想の科学社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江満雄の関連キーワード上田敏雄緒方昇加藤一夫木村好子近藤東阪本越郎沢ゆきドン ザッキー中野鈴子正富汪洋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone