コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大雄[村] たいゆう

世界大百科事典 第2版の解説

たいゆう【大雄[村]】

秋田県南部,平鹿郡の村。人口6108(1995)。横手盆地の中央部,雄物川東岸の肥沃な沖積低地にあり,横手市の西に位置する。耕地率が村域の70%に達し,ほとんどが水田で,米の単位面積当り収量が多い。1970年代からはホップやタバコ,ミツバなどの栽培も行われている。東部の田根森地区には泥炭地が多く,切り出された泥炭は〈ネッコ〉と呼ばれ燃料として利用された。【佐藤 裕治】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大雄[村]の関連キーワードホーペイ(河北)省

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android