コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鳥造(り) オオトリヅクリ

3件 の用語解説(大鳥造(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおとり‐づくり〔おほとり‐〕【大鳥造(り)】

神社本殿形式の一。切妻造り妻入りで、入り口は正面中央に設けられ、内部は外陣・内陣に分かれる。堺市の大鳥神社が代表例。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大鳥造【おおとりづくり】

大阪府堺市大鳥神社本殿に代表される神社建築の様式。住宅形式の大社造に礼拝を目的とする神社建築の性格が加わった最初のもので,内陣・外陣の区別がついている。
→関連項目神社建築

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大鳥造
おおとりづくり

神社本殿の形式の一つ。大阪府堺(さかい)市の大鳥神社本殿にみられるように、切妻(きりづま)造、妻入(つまいり)で、外観は大社(たいしゃ)造に似るが、正面扉口が中央にある点が異なる。縁も前面につくだけである。内部は心柱(しんばしら)がなく、住吉(すみよし)造のように前後2室に分かれ、後室に神座が置かれる。現在の大鳥神社本殿は1909年(明治42)の再建だが、以前は正面に縁がなく、扉口に直接に階段が設けられていた。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大鳥造(り)の言及

【大鳥神社】より

…破風は反らずに直線で,屋根は檜皮葺きとする。この形式を大鳥造と呼ぶ。【宮沢 智士】。…

※「大鳥造(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone