コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻入 つまいり

百科事典マイペディアの解説

妻入【つまいり】

平入(棟と平行の側面)の対。切妻造や入母屋(いりもや)造等の建物での側を正面として出入口をもつ建築形式。妻入の形式は古く,出雲大社,神魂(かもす)神社等はその典型である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妻入
つまいり

日本建築の用語で、建物の妻(つま)側に出入口のあるものをいう。「つま」とは端を意味し、建物では棟と平行する側を平(ひら)といい、棟と直角の方向になる側を妻という。したがって、建物の長辺が平、短辺が妻となることが多い。建物の出入口が平側にあるものを妻入に対して平入という。弥生(やよい)時代や古墳時代の住居・倉庫では妻入が主流であった。神社建築では大社造(たいしゃづくり)、住吉(すみよし)造、大鳥(おおとり)造、春日(かすが)造が妻入であるのはこの伝統によるものであろう。日本建築では一般に平入が多く、住宅建築では寝殿造の対屋(たいのや)、書院造の主殿(しゅでん)が妻入である。また民家のなかでも、地方によっては妻入の町家や農家があって、その地方の特色にあげられるものもある。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

妻入の関連キーワード篠山(兵庫県の旧町名)伝統的建造物群保存地区兵庫県篠山市河原町リューベック江田船山古墳町家(町屋)妻(建築)ブレーメン日本の民家おはらい町向い唐門住吉大社神社建築大鳥造り大社造り春日造り妻入り住吉造平入り大社造

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妻入の関連情報