コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大同思想 だいどうしそうDa-tong si-xiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大同思想
だいどうしそう
Da-tong si-xiang

中国の孔子が描いたといわれる理想世界の構想。『礼記』の礼運編にみられる。大同とは,天の公理に基づき,人心が和合し,よく治まった,あらゆる差別のなくなった至公無私の平和な社会をいう。清末に康有為は『礼運注』や『大同書』などの著作で,大同を春秋公羊学の張三世説と組合せ,変革の理論をつくり出した。大同を理想社会として「少数者の専有=私」に対し「多数者の均分=公」を求める構図は,清末以降,太平天国天朝田畝制度孫文の「三民主義」,毛沢東の著述などでも言及され,中国の社会主義や平和的国際主義などを特徴づけることにもなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいどうしそう【大同思想】

中国の一種のユートピア思想。〈大同〉とは,儒家経典の一つである《礼記(らいき)》礼運篇に見えることば。孔子は,遠い古代には〈大道〉(すぐれた道徳)が行われていて天下は公有のものであったとされて,公平で平和な共産的理想社会を描き,それに反し,今日は〈大道〉がすでに隠れて,天下は一家の私有となり,私利私欲の横行する混乱した社会になったと嘆いている。この大同思想に似た,土地・家屋の均分公有という思想は,歴代の宗教的農民反乱のなかでしばしば提起され,19世紀中ごろの太平天国運動で,洪秀全が《原道醒世訓》の中で,理想とする新世界を〈礼運篇〉にもとづきながら説明しているのは,その典型といえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいどうしそう【大同思想】

〔「大同」は「礼記礼運」に見える語〕
中国の理想郷を表す伝統思想。大同の世では人々は能力に応じて地位を得、相互に親睦しあっていると考えられている。太平天国や孫文・毛沢東にその影響が見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大同思想
だいどうしそう

中国的ユートピア思想で、階級的差別や搾取のない自由平等平和の社会を構想する。大同とは、『礼記(らいき)』礼運篇(れいうんへん)に「権力を独占する者がなく平等で、財貨は共有となり生活が保障され、各人が十分に才能を発揮することができ、犯罪も起こらない世の中」と定義されているが、考え方としては、それ以前の文献にも、墨子(ぼくし)の兼愛交利とか、老子の小国寡民とか、許行の君臣並耕などのように、断片的にではあるが数多く現れている。漢代以後は、消極的な現実逃避的な思想の描く理想郷、神仙の世界に投影されたものと、積極的に政治的な理想としての井田(せいでん)制の実現を企図したものとが現れている。また歴史上しばしば発生した農民起義(叛乱(はんらん))においても、大同的世界の実現がその目標となっていた。清(しん)末変法運動の指導者康有為(こうゆうい)は、礼運篇の説と春秋公羊(くよう)学の三世説とを結び付けて大同世に至る段階を『礼運注』において、また現世における苦しみの状況とそこから大同世に至る道程および大同世のありさまを『大同書』(1935)において描いている。ちなみに、1919年の国際連盟の成立は、康有為には大同世の実現と映ったようである。[有田和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大同思想の関連キーワード理想郷

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android