コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天狗草紙 てんぐぞうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天狗草紙
てんぐぞうし

鎌倉時代諸宗の僧を風刺批判した絵巻永仁4 (1296) 年制作。紙本着色,7巻。東京国立博物館,その他蔵。諸寺諸山の僧徒が驕慢我執の外道に陥った様子を,7類の天狗にたとえて表わす。すなわち興福寺,東大寺延暦寺園城寺,東寺,山伏,遁世の僧徒がそれにあたるという。絵巻もそれに従って7巻から構成されていたと思われるが,現存の7巻 (うち興福寺,東大寺の両巻は模本のみ伝存) が当初の姿をそのまま伝えるか否かについては問題が残る。全巻1筆,伽藍や自然景の描写などに卓抜した技法を示す優品

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんぐぞうし【天狗草紙】

南都北嶺の僧侶が寺の伝統をたのんで驕慢(きようまん)にほこるさまや,浄土,禅など新興宗派の徒が独善に走る狂態ぶりを〈天狗の七類〉にたとえて,鎌倉末期の宗門を批判した絵巻。全7巻から成り,宗教絵巻としてはすこぶる特殊な内容を持つユニークな作例。しかも詞書中に永仁4年(1296)の制作年が記され,鎌倉時代絵画史上の貴重な基準作でもある。《看聞日記》永享3年(1431)4月17日条の〈七天狗絵七巻〉,《壒囊(あいのうしよう)》(1446)の〈七天狗ノ絵〉も,この《天狗草紙》をさすかと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天狗草紙
てんぐぞうし

鎌倉時代の絵巻。七巻。南都北嶺(ほくれい)の諸大寺における僧徒の横暴と驕慢(きょうまん)ぶり、および浄土宗、時宗という新興宗教の異様なふるまいなどを七類の天狗に例えて風刺、当時の宗教界に対する不満を絵をもって如実に示した異色の作品。延暦寺(えんりゃくじ)巻、東寺(とうじ)巻(ともに東京国立博物館)、園城寺(おんじょうじ)巻(宮本家蔵)、伝三井寺(みいでら)巻とよばれる浄土山臥遁世(やまぶしとんせい)巻(久松家旧蔵)および諸天狗成仏巻(東京・根津美術館)のほか、興福寺巻、東大寺巻の二巻の模本(ともに東京国立博物館)が伝わる。伝三井寺の二巻は他の五巻に比して説話としても芸能資料としても興味深い。また興福寺巻の序文にはこれらの制作の動機とともに「永仁(えいにん)四年(1296)十月六日」の年紀が記されており、制作時期を知ることができる。全巻一筆からなり、絵は暢達(ちょうたつ)な運筆と華麗な色彩を用い、鎌倉時代の大和(やまと)絵の正系を伝える。[村重 寧]
『小松茂美編『続日本絵巻大成19 天狗草紙他』(1984・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

天狗草紙の関連キーワード自然居士一向宗時宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android