コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天竺様 テンジクヨウ

百科事典マイペディアの解説

天竺様【てんじくよう】

大仏様

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんじくよう【天竺様】

鎌倉初期に東大寺再建のため,から大勧進俊乗坊重源(ちようげん)が取り入れた建築様式で,そのため大仏様(だいぶつよう)ともいう。後に禅宗建築に採用された唐様(からよう)(禅宗様(ぜんしゆうよう))が宋の中央様式であったのに対して,天竺様は江南,福建などの地方様式であったらしい。特徴として,斗栱(ときよう)を柱上に重ねず,挿肘木(さしひじき)を柱に挿し通し,貫(ぬき)を用いて柱と柱をつなぐ,縦横からの力を全体に伝える合理的な構造と,木鼻の先端に繰形(くりかた)をつくり,桟唐戸(さんからと)を用いるなどの装飾的要素とがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天竺様
てんじくよう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天竺様の言及

【鎌倉時代美術】より

…東大寺では大仏殿をはじめ伽藍規模が巨大なため,資材,資金の調達に国内の総力の結集を必要とし,源頼朝の援助のもとに勧進上人俊乗坊重源の指導で再建された。重源は宋人技術者を採用し,資材の節約と工法に新工夫を加えた大仏様(天竺様)を導入した。大仏様は中国南部の地方様式を源流とする豪放な様式で日本中世の建築にひき起こした波紋は大きいが,東大寺南大門(1199),浄土寺浄土堂(兵庫,1192)など,重源の関係した建築に実施されたにとどまり,普及性を欠いたといえる。…

【唐様】より

…広沢が普及につとめた唐様は,江戸を中心に広く文人学者におこなわれ,文化・文政(1804‐30)より幕末にかけて隆盛した。 建築ではとくに鎌倉時代に禅宗に付随して移入された宋・元の建築様式(禅宗寺院建築)をとり入れたものを近世になって唐様と呼び,和様や天竺様の寺院建築と区別した。天竺様は鎌倉初期に東大寺再建のため重源が中国浙江省付近の様式を学んで採用した様式で,現代では大仏様と呼ばれる。…

【寺院建築】より

…例えば,現存最古の木造建築である鳳停寺極楽殿(12世紀)や浮石寺無量寿殿(13世紀)の斗栱形式や,二重虹梁蟇股(かえるまた)を基本とする構造形式に唐様式が根強く生きている。しかし,鳳停寺極楽殿の頭貫(かしらぬき)木鼻を垂直に切った形式や,母屋(もや)桁下架構の発達などは,中国華北の遼時代建築細部を受容したものであり,また,肘木(ひじき)下端の繰形は12世紀ころに南宋から伝わった様式(日本でいう大仏様=天竺様)の影響と認められる。新羅以来の伝統様式の上に新しく中国の建築様式を採り入れて折衷様化を図り,日本の折衷様式と同じ経過をたどっている。…

【社寺建築構造】より

…貫は柱を貫通する水平材で,長押は柱面に打ちつけられた水平材である。平安時代までは,貫は柱の上端をつなぐ頭貫だけで,厚く丈夫な長押を打つことによって軸部を固めたが,大仏様(天竺様),禅宗様の伝来以来,貫を多く用いるようになり,長押の構造的役割はうすれ,装飾的意味が強くなる。貫と長押は,その用いられる位置により,頭貫,飛貫(ひぬき),内法貫(うちのりぬき),腰貫,足固め貫,地貫,天井長押,蟻壁(ありかべ)長押,内法長押,縁長押(切目長押ともいう)などと呼ばれる(図5)。…

【浄土寺】より

…浄土堂は94年上棟,97年8月23日落慶で導師に解脱上人貞慶が招かれた。天竺様(大仏様)の代表的遺構である。向かいあう薬師堂も,もとは浄土堂と同じ3間3面の天竺様建築だったらしいが,1498年(明応7)に焼失して,現存のものは1517年(永正14)再建された。…

【日本建築】より

…平安時代の遺構としては,室生寺金堂,醍醐寺五重塔,平等院鳳凰堂,中尊寺金色堂,富貴寺本堂,宇治上神社本殿など,京都を中心とするが,広く全国的に残っている。
[中世]
 鎌倉時代の初め,東大寺の再建に当たって僧重源により南宋の建築様式である大仏様(天竺様)が伝えられた。大仏様は東大寺や重源が建てた寺院に用いられ,構造的な美しさに重点をおいた力強い様式で,挿肘木(さしひじき),木鼻(きばな),貫を新たに用いた。…

※「天竺様」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天竺様の関連キーワード貫(木造建築)鎌倉時代の美術指肘木・差肘木鎌倉時代朝鮮建築和様建築寺院建築物部為国浮石寺浄土寺垂木建具

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android