コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社寺建築構造 しゃじけんちくこうぞう

世界大百科事典 第2版の解説

しゃじけんちくこうぞう【社寺建築構造】

日本建築は,明治維新後の西洋建築の輸入により煉瓦造石造が始まるまで,ながく木造であった。その様式は世界的に見れば,朝鮮建築とともに中国建築様式系の一部であり,その構造・形式の大部分は中国から伝来したものである。しかし日本で始められたものもあり,また細部取扱い曲線の性質,意匠の洗練さなどの面で,日本独自の様式をつくっている。日本古来の木造建築のうちでも,社寺建築はながく建築界の主流を占め,その構造もまた和風木構造のなかで最も高度な技術をもつものへと発達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

社寺建築構造の関連キーワード蟇股

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android