コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天邪鬼 あまのじゃく

百科事典マイペディアの解説

天邪鬼【あまのじゃく】

民話の怪物。あまのざく,あまんじゃめなどとも。他人の姿や口まね,物まねをして人に逆らい,ついには滅ぼされる。瓜子(うりこ)姫の話に出てくる天邪鬼は典型的。古代の被征服民を典型化したものという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天邪鬼 あまのじゃく

民間説話に登場する妖怪(ようかい)。
人の心中をさぐることがたくみで,口まね,物まねを得意とするが,人や神にさからい,最後にはほろぼされる。「瓜子(うりこ)姫」などの民話に登場。仏教では,毘沙門天(びしゃもんてん)の腹部にあるの面や,四天王,仁王にふまれる小悪鬼をいう。山姥(やまうば)や谺(こだま)をさす地方もある。別称にあまのじゃこ,あまのざく,あまのさぐめ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

天邪鬼

日本の妖怪。小鬼のような姿で人にいたずらをするとされる。全国各地に伝承があり、瓜子姫譚などの多くの民話に悪役として登場する。「あまんじゃく」「あまんしゃぐめ」などとも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あまのじゃく【天邪鬼】

アマノザク,アマンジャクメ,アマノサグメなどとも称され,漢字は天邪鬼を当てている。昔話の瓜子姫を代表として,民間説話に多く登場する想像上の妖怪。現在も,性質が素直ではなく,人に逆らう者を称して通常用いられる。天邪鬼は神や人に反抗して意地が悪く,さらに人の心中を探り,その姿や口真似を得意とするところに特徴があり,最後には滅ぼされるという悪者の典型を示す。主人公である神の正しさと勝利をよりきわだたせる脇役として設定され,結果的には善と悪二つを対照させる効果をあげている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天邪鬼
あまのじゃく

昔話や伝説に登場してくる想像上の悪者。妖怪(ようかい)とも精霊とも決めがたい。他人の心中を察することが巧みで、口まね、物まねなどして、人の意図に逆らったり、すなおでないのだが、屈服されたりもする。昔話「瓜子姫(うりこひめ)」では、姫を誘拐し着物を脱がせて木に縛り、姫に化けて嫁入りしようとしたりする。この悪者を山姥(やまんば)に変えている地方(栃木、富山、岐阜県)もあって、天邪鬼が山へ逃げる結末の型に重ねて、山の妖怪と考える伝承もあったと思われる。秋田、群馬県では口まねから山彦(やまびこ)の異名になっているが、岩手県遠野(とおの)地方では炉の灰の中にいる妖怪とされる。『日葡(にっぽ)辞書』では「アマノザコAmanozaco――ものをいうといわれる獣(けだもの)の名。また出しゃばって口数の多い者」とあり、東日本で娘をばかにしていう呼び名と同じ系統を引く意味であろう。
 そのほかに種々の型があって、赤い根の穀物、菜類は、人間にはもったいないと天邪鬼が手でしごいたから赤いのだという伝説や、一年中温和の気候に逆らって夏や冬を設けたとか、橋や池の土木工事のじゃまをした、といった伝承もある。『日本書紀』天孫降臨神話に天稚彦(あめのわかひこ)に仕えていた天探女(あまのさぐめ)は、『万葉集』『摂津逸文風土記(せっついつぶんふどき)』にもあって、天逆女(あまのさかめ)とする説もあり、関連のある女神であろう。[渡邊昭五]
 仏教では、海若、耐董とも書き、天(あま)の邪古(ざこ)ともいう。仏教守護の神々である四天王の一の毘沙門天(びしゃもんてん)の鎧(よろい)の腹部にある鬼面の名を海若(あまのじゃく)(別名は河伯(かはく))といい、のちにはこの神が足下に踏みつけている小悪鬼を耐董と書き、「あまのじゃく」とよぶようになった。毘沙門天はもとインドのベーダ時代(紀元前1500年前後)以来の古い神で北方守護神であったが、仏教に取り入れられて、四天王の一となった。その像容は、身に甲冑(かっちゅう)をつけ、左手のひらに宝塔を掲げ、右手に宝棒をとるのが一般的であるが、腹部に鬼面がつけられるようになった経緯は明らかではない。ただ、中国では9世紀ごろには毘沙門天は武道の神として崇拝されており、また海若とその別名河伯はともに『荘子(そうじ)』秋水篇(へん)にみえる水神の名であるところから、中国成立の可能性も考えられる。[藤井教公]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天邪鬼の言及

【邪鬼】より

…祟りをする神,物の怪(もののけ)などを総称していうが,仏像に関しては仁王像や四天王像の足の下に踏まれている小型の鬼類をさす。毘沙門天(四天王の多聞天)の足下にいる鬼を特に天邪鬼(あまのじやく)と呼ぶという説がある。〈天邪鬼〉は毘沙門天像の鎧に付けられた鬼面の名称であることが室町時代の《壒囊鈔(あいのうしよう)》に記されており,当初は鬼面の名称であったが後に足下の鬼をも意味するようになったと考えられる。…

【山彦】より

… 山彦の現象は,自然現象ではなく,山谷に人以外の者がいてそれが人の声をまねしているのだと考えられていた。茨城では〈あまのじゃく(天邪鬼)〉がまねをするのだといい,静岡では〈山の小僧〉,鳥取では呼子(よぶこ)とか呼子鳥(よぶこどり)というものが声を発しているのだと伝えている。あまのじゃくは人に逆らい,神に反抗する存在であるが,山中にあって人の口まねをするものもこう呼んだのである。…

※「天邪鬼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天邪鬼の関連キーワードポー(Edgar Allan Poe)あまのじゃくハートカズラ坂元 雪鳥林 癸未夫津久根島坂元雪鳥旗本奴天探女木霊山彦

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天邪鬼の関連情報