コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野芳太郎 あまのよしたろう

3件 の用語解説(天野芳太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天野芳太郎
あまのよしたろう

[生]1898.7.22. 秋田
[没]1982.10.14. ペルー,リマ
実業家,考古学者。 1916年,秋田工業高等学校卒業。 28年海外雄飛を志し,パナマに雑貨商天野商会を設立。コスタリカ,ペルー,チリ,アメリカなどで事業を展開する一方,中南米古代文明の発掘物を集めた天野博物館を開設する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野芳太郎 あまの-よしたろう

1898-1982 昭和時代の古代文化研究家。
明治31年7月22日生まれ。昭和3年パナマにわたるが,第二次大戦で帰国。27年ペルーに移住して漁網・魚粉会社を経営。一方アンデス古代文化の研究・調査,遺物の収集をおこない,39年リマに天野博物館を開館した。昭和57年10月14日同地で死去。84歳。秋田県出身。秋田工業学校卒。著作に「南米史話・アラウカノ族の如く」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天野芳太郎
あまのよしたろう
(1898―1982)

天野博物館(ペルー国リマ市)名誉館長。アンデス古代文化研究家。明治31年7月22日秋田県生まれ。横浜などで実業に従事したのち、1928年(昭和3)南アフリカ経由で南アメリカに渡り、同地に移住を決意、パナマを中心に手広く商業を営んだが、第二次世界大戦とともに交換船で帰国。戦後1952年(昭和27)にペルーに渡航して、漁網、魚粉会社を営むかたわら、同地の古代文化の研究を開始し、首都リマ北方のチャンカイ谷の調査を行いながら、代表的な遺物を収集、1964年リマ市ミラフロレスに天野博物館を開設した。同館は、小規模ながら、古代アンデスの生活文化の諸相を、独自の個性的な解釈に従い、土器、染織作品その他多様な遺物によって再現したものであり、世界的な評価を受けている。戦前の著書に『南米史話・アラウカノ族の如(ごと)く』ほか多数がある。昭和57年10月14日リマ市で没。[増田義郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天野芳太郎の関連キーワード古代文学西郷信綱池田温池田桃川高崎正秀竹野長次角田柳作東野治之宮城栄昌バーミンガム大学現代文化研究センター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天野芳太郎の関連情報