天香(読み)てんこう

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

てんこう【天香】

福島の日本酒。酒名は、大和出身の先祖が持統天皇の歌「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」にちなみ命名。吟醸酒純米酒本醸造酒などがある。平成4、7、8、11年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。蔵元の「柏木酒造店」は大正10年(1921)創業。所在地は会津若松市相生町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐こう ‥カウ【天香】

〘名〙
① 天上界の香。また、よい香りのたとえ。
※正法眼蔵(1231‐53)如来全身「あるひは天華・天香、天繒蓋等なりみなこれ実相なり」
② 皇帝のまわりに漂う香り。〔皮日休‐送令狐補闕帰朝〕
③ 植物「ぼたん(牡丹)」の異名。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android