コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈半利川 なはりがわ

4件 の用語解説(奈半利川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈半利川
なはりがわ

高知県東部,土佐湾南東岸に注ぐ川。全長 53km。高知,徳島の県境の甚吉森 (1423m) に発し,ほぼ南流する。上流域の魚梁瀬 (やなせ) 森林は国有林で,天然スギ林などで知られ,上・中流域では魚梁瀬ダム,平鍋ダムなどによる電源開発が進められている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なはりがわ【奈半利川】

高知県東部を流れる川。安芸郡馬路村の徳島県境にある甚吉森(1423m)に源を発し,穿入(せんにゆう)蛇行しながら南西流し,北川村を経て,河口付近では奈半利町,田野町の境界をなし,土佐湾に注ぐ。流長53km。流域面積311km2。流域は年間降水量3000mmを超える多雨地で,美林で知られる魚梁瀬(やなせ)など山林資源にめぐまれる。この地の良材は古くから奈半利川を通じて河口に運ばれた。明治末から昭和30年代まで森林鉄道による材木の搬出もみたが,現在は林道がとって代わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕奈半利川(なはりがわ)


高知県南東部を流れる川。徳島県境の甚吉森(じんきちもり)(標高1423m)に源を発し、南西流して土佐(とさ)湾に注ぐ。2級河川(奈半利川水系)。延長約60km。多雨地帯で知られ、森林資源が豊富。中流に魚梁瀬(やなせ)ダム・久木(くき)ダム・平鍋(ひらなべ)ダムがあり、それぞれ、下流に発電所が設置されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈半利川
なはりがわ

高知県南東部の安芸(あき)山地を南下して土佐湾に注ぐ川。延長55キロメートル。源流は馬路(うまじ)村魚梁瀬(やなせ)の千本山付近で、上・中流は曲流峡谷を形成。流域は年降水量3000~4000ミリメートルの多雨地で、林業地として知られる。近世には藩政林、近代には国有林が集積し、魚梁瀬スギの産地で有名。木材の搬出方法も筏(いかだ)流し、森林鉄道からトラック輸送とかわった。流量の多い急流で、第二次世界大戦後、電源開発も進み、魚梁瀬をはじめ多くのダムが建設された。流域の人口減少も著しいが、ユズの栽培なども盛んである。北川森林センターなどの保養施設や千本山の天然すぎ学術保護林もある。[大脇保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈半利川の関連キーワード高知県安芸郡高知県安芸郡馬路村馬路高知県安芸郡馬路村高知県安芸郡奈半利町乙高知県安芸郡北川村加茂高知県安芸郡北川村島高知県安芸郡安田町船倉高知県安芸郡安田町安田高知県安芸郡馬路村魚梁瀬高知県安芸郡北川村和田

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈半利川の関連情報