コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御新造 ゴシンゾ

5件 の用語解説(御新造の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐しんぞ【御新造】

ごしんぞう」の音変化。
「長倉の―が意外だと思ったように」〈鴎外・安井夫人〉

ご‐しんぞう〔‐シンザウ〕【御新造】

他人の妻の敬称。古くは、武家の妻、のち富裕な町家の妻の敬称。特に新妻や若女房に用いた。ごしんぞ。
「吉どん。―さんがもう起きなさいって」〈藤村桜の実の熟する時

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごしんぞ【御新造】

「ごしんぞう」の転。 「其れから間もなく-様は御亡おなくなり/火の柱 尚江

ごしんぞう【御新造】

武家・富商・上流の町家の妻を敬っていう語。「奥様」に次ぐ格の語。のち一般に、他人の妻を敬っていう語。 「大店の-さん」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御新造
ごしんぞう

江戸時代、武家あるいは富裕な町家の妻や新妻をよんだ尊敬語。通例「ごしんぞ」と呼び習わされる。江戸時代の風俗事典『守貞(もりさだ)漫稿』(喜田川(きたがわ)守貞著)によれば、旗本や御家人の妻を「奥様」とよぶのに対して、諸大名に仕える家臣の妻を御新造とよび、町家の上流階級の妻や医者の妻も御新造と称した。もとは新婦をいい、「新粧」の転訛(てんか)とされる。これとは別に、家庭の奥深い居間にいるところから、「深窓」の転訛とする説もある。このほかに、「ご」は接頭語で、新しく造ることを意味し、婚礼の前に新婦の居所を新しく造ることから、新婦をよぶようになったとする説や、嫁入りのときに新しく船を造ることから生まれた語とする説など諸説ある。のちには、身分にかかわりなく、一般に他人の妻や若女房をよぶのに用いられるようになった。[棚橋正博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御新造の言及

【新造】より

…また,〈番頭新造〉は袖留をしたまま姉女郎の身辺を世話する役で〈世話新造〉ともいい,京阪ではこれを〈引舟(ひきふね)〉と称した。なお,江戸時代の武家や町家では妻女を御新造(ごしんぞう)とよぶことがあり,またときには結婚前の少女を新造といった。花魁(おいらん)【原島 陽一】。…

※「御新造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御新造の関連キーワード御家御上おかさま御方奥方奥様御前様女君御簾中内儀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone