網走国定公園(読み)あばしりこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網走国定公園
あばしりこくていこうえん

北海道北東部にある自然公園。面積 372.61km2。 1958年指定。網走市を中心に西のサロマ湖から東の斜里までの海岸,砂丘湖沼湿原,草原を含む。濤沸湖 (とうふつこ) 付近の原生花園ハマナスハマエンドウエゾキスゲエゾスカシユリなど約 50種の珍しい海浜植物の大群落があり,夏が最盛期。冬はシベリアからハクチョウが飛来し,春はトドアザラシが回遊する。荒涼とした砂丘に接したサロマ湖や能取湖はカキ,ホタテガイ,ヒラメなどを産する。冬は結氷網走市内の最寄貝塚は先住民の集落遺跡で,郷土博物館もある。桂ヶ岡のアイヌチャシ (城跡) や網走市を展望できる天都山には,特に観光客が多い。春さきにはオホーツク海流氷もみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

網走国定公園【あばしりこくていこうえん】

北海道北東部,サロマ湖能取(のとろ)湖網走湖濤沸(とうふつ)湖などの湖沼一帯を中心とする。面積372.61km2。1958年指定。砂丘,草原,湿原,オホーツク流氷の荒涼たる景観,小清水原生花園など北方性海浜植物の群落や牧場の海洋風景が特色。ハクチョウ,トド,アザラシも生息,モヨロ貝塚(史跡)をはじめ貝塚や遺跡が散在探勝は6〜10月が普通。基地は網走市。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あばしりこくていこうえん【網走国定公園】

オホーツク海に臨む国定公園。サロマ・能取のとろ・濤沸とうふつ・網走などの湖沼と海岸沿いや湖畔にひろがる原生花園からなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕網走国定公園(あばしりこくていこうえん)


北海道北東部の国定公園。網走市を中心としたオホーツク海沿岸とサロマ湖・能取(のとろ)湖・網走湖・涛沸(とうふつ)湖など大小7つの海跡湖を含む。面積3万7261ha。1958年(昭和33)指定。小清水(こしみず)原生花園・能取原生花園、サロマ湖沿岸のアッケシソウ大群生地などで知られる。オホーツク文化を代表するモヨロ貝塚などの遺跡や、網走湖北東岸の天都(てんと)山は湖とオホーツク海の展望に優れ、国の名勝に指定されている。近年、冬の流氷見物も人気がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網走国定公園
あばしりこくていこうえん

北海道北東部にある国定公園。1958年(昭和33)指定。網走市とその周辺にわたる372.61平方キロメートルを区域とし、サロマ湖、能取湖(のとろこ)、網走湖、濤沸湖(とうふつこ)など七つの湖沼が含まれる。公園の特徴は、海岸砂丘と原生花園で、とくに網走市北浜から斜里(しゃり)川河口にかけての海岸草原は、植物群落の規模からも北海道を代表するもので、その一部、斜里町字鶴巣の草原群落は北地の代表的植物が多種類自生している。ほかにサロマ湖畔のアッケシソウ群落、網走湖畔の湿生植物群落(国の天然記念物)などがある。公園の東部では、藻琴山(もことやま)、斜里岳を背景に広大な草地に乳牛の放牧が行われて、牧歌的光景が展開する。網走市街周辺には、モヨロ貝塚や天都(てんと)山など訪れるべき場所が多く、冬の海岸に寄せる流氷やハクチョウの飛来など、特異な自然美も魅力を与えるものである。一般観光のほか、キャンプ、探鳥などに訪れる人が多い。なお、濤沸湖は2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となった。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あばしり‐こくていこうえん ‥コクテイコウヱン【網走国定公園】

北海道東部、オホーツク海に面する国定公園。サロマ湖、能取(のとろ)湖、網走湖、濤沸湖などの湖とそれをとりまく砂丘、湿原を特色とする。冬期は結氷、流氷が見られる。昭和三三年(一九五八)指定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android