コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妊娠とわかったら にんしんとわかったら

1件 の用語解説(妊娠とわかったらの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にんしんとわかったら【妊娠とわかったら】

 まず、妊娠・出産・育児に必要な生活設計をたてましょう。とくに、お産にかかる費用、住宅などの生活環境、出産の場所など、あらかじめ夫婦でよく相談しておくことがたいせつです。
 そして、妊娠中や産後における母体の変化、胎児・乳幼児の発育のしかたを知るために、参考書などを読んだり、母親学級にも積極的に出席して、十分な知識を身につけておいてください。
 また、生まれてくる赤ちゃんの幸せのためにも、夫や家族の理解と協力はぜひ必要です。
◎産院の選び方
 現在、日本ではお産のほとんどが、自宅でなく、診療所あるいは病院・産院などの施設で行なわれています。その理由には、医学的管理の重要性と安全性を求めることや、核家族化などがあります。
 お産のための施設には、いろいろな種類があり、その特徴もさまざまです。
 妊娠の診断から出産、そして育児まで、できれば隣接した同じ施設を利用するのが理想的です。しかし、完全看護かどうか、個室か相部屋か、費用はどのくらいかかるか、夫の立会いが可能かなど、近くの人に聞いたり、また直接施設に出向いて、調べてから決めるのがよいでしょう。
総合病院
 お産のほとんどは正常に経過するものですが、なかには妊娠高血圧症候群妊娠中毒症)や糖尿病など、重篤(じゅうとく)な合併症が現われることがあります。
 総合病院には、産科のほかに内科・外科・小児科など、十数種類以上の診療科があり、医療スタッフもそろっているので、妊娠前から病気があったり、途中で異常がみられるようなときには、総合病院でのお産をお勧めします。
●産科・小児科専門の産院
 お産をとり扱う医師・助産師のほかに、小児科医など専門のスタッフが整備されており、妊娠の健康管理もゆきとどいています。
個人経営の診療所・産院
 大病院に比べて規模は小さくなりますが、同じひとりの医師から、主治医として妊娠・出産、さらに乳幼児の管理と、一貫したきめ細かいゆきとどいたサービスが受けられます。
●その他の施設
 母子健康センターや助産院などがあります。妊娠の経過が順調で、しかも住居が近接している場合には、費用も比較的安く便利です。また、異常があれば、近くの医療機関へ紹介してもらえるので安心です。
里帰り出産をするときは
 実家などに帰ってお産をする目的は、人手不足の解消や、出産・育児への不安を少なくすることなどがあげられます。いまでは交通機関も発達しており、地域での医療連携がうまくいっていれば、まったく心配いりません。
 しかし、里帰り出産にはつぎのような問題も生じてきます。
・産前産後、2度の旅行が安全か。
・主治医の交替で、一貫した指導が受けにくいのでは。
・異常の頻度が増えないか。
・親への依存心が増し、その後の育児に影響しないか。
・夫婦が別々の生活は大丈夫か。
 そのため、里帰りをする場合は、なるべく早めに出産の場所を決め、主治医からの紹介状をもらってください。
 時期は妊娠の末期がよいと思いますが、そのタイミングは主治医に相談しましょう。
 荷物などは先に送っておき、できれば家族の人と一緒に旅行するのが安全です。飛行機を利用するときは、出産予定日の26日以内ですと、搭乗許可のための医師の診断書が必要です。
 お産が終わって自宅に帰ったときは、異常がないかどうか、早めにもとの主治医の診察を受けてください。
 そして、赤ちゃんが小学校に入るまでは、かかりつけの小児科医を決めておくと便利です。
◎分娩(ぶんべん)費用と医療保険
 お産にかかる費用は、一般に、異常がなければすべて本人負担となります。
 そのおもなものは、分娩料、入院料、新生児介補料(かいほりょう)、それに薬代、検査料などですが、これらは施設によっても、また個室か相部屋かによっても異なります。あらかじめお産をする施設で、概算額を聞いて用意しておきましょう。ただし、一般健診のうち2回は、公費負担として、受診券が母子健康手帳と一緒に公布されます(青色は初期、黄色は中~後期)。
 妊娠・出産時に異常、たとえば帝王切開(ていおうせっかい)、多量の出血、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、糖尿病があり、さらに未熟児、低出生体重児(ていしゅっしょうたいじゅうじ)などで治療を要する場合は、当然保険の適用となりますので、受診時および入院時には、つねに保険証を持参してください。
 これらの自費料金は、補助が受けられます。出生届を提出した後、2、3か月後に、所属している社会保険から、本人または被扶養配偶者(夫)に、出産育児一時金として30万円が支給されます。所定の請求用紙は、それぞれ会社に用意されています。
 さらに、出産手当金として、産前(6週間)、産後(8週間)の無給期間について、1日標準報酬日額の60%が保険組合から支給されます。
◎母親学級(ははおやがっきゅう)を利用しよう
 母親学級は、妊婦のお産に対する恐怖や不安を取り除き、お産を安全かつ順調に進めるために、施設や保健所で行なわれています。
 内容は、おもに妊娠のなりたち、妊娠中の栄養、妊婦体操、分娩経過、お産のときの呼吸法や補助動作などの講義や指導です。
 実施日や回数はまちまちですが、1週間に1、2回、計6回、1日に2時間程度で、妊娠12~20週ごろの人を対象に開かれているようです。
 お産には妊婦自身だけでなく、これから家族の一員として加わっていく子どものためにも、夫ならびに家族一同の協力が必要です。そのためには、できれば夫婦そろって受講することが理想です。
 また、夫婦そろっての両親学級、夫だけを対象とした父親学級や、出産後の親子学級などを実施しているところもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

妊娠とわかったらの関連キーワード生活設計生活費生計費理論生計費高年齢出産産具生活力標準生計費家事手伝い生活費控除

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone