コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙義荒船佐久高原国定公園 みょうぎあらふねさくこうげんこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙義荒船佐久高原国定公園
みょうぎあらふねさくこうげんこくていこうえん

長野県群馬県に広がる山と高原を主体とした自然公園。面積 131.23km2。 1969年指定。公園域の群馬県側は山地で,巨大な奇岩,怪石,岩壁がみられ,紅葉の美しい妙義山 (1104m) が中心。荒船山 (1423m) 周辺はメサ (残丘) 地形で,北麓には高原牧場の神津牧場がある。長野県側は緩傾斜の佐久高原が広がり,内山峡などの渓谷もある。妙義山の一部に自然林が残され,コナラミズナラカエデなどの落葉広葉樹林が多く,紅葉の頃はみごとである。妙義神社,中ノ岳神社,黒滝山不動寺などの社寺がある。観光拠点は安中市富岡市佐久市など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みょうぎあらふねさくこうげん‐こくていこうえん〔メウギあらふねさくカウゲンコクテイコウヱン〕【妙義荒船佐久高原国定公園】

群馬・長野両県にまたがり、山岳と高原を主とする国定公園碓氷(うすい)峠妙義山荒船山・佐久高原・十石峠などからなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

妙義荒船佐久高原国定公園【みょうぎあらふねさくこうげんこくていこうえん】

群馬・長野2県にまたがる国定公園。面積131.23km2。1969年指定。妙義山荒船山内山峠,物見山,神津(こうづ)牧場,和見,十石峠,軽井沢町から安中市(旧佐久町)までの高原地帯と内山峡などの峡谷を含む。
→関連項目群馬[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

みょうぎあらふねさくこうげんこくていこうえん【妙義荒船佐久高原国定公園】

群馬県から長野県にかけての山岳・高原地帯を占める公園。妙義・荒船の名山を含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(長野県)〕妙義荒船佐久高原国定公園(みょうぎあらふねさくこうげんこくていこうえん)


群馬・長野両県にまたがる国定公園。妙義山塊と関東山地北部の山岳・高原からなる。面積1万3123ha。1969年(昭和44)指定。妙義山は奇峰が群立する景勝でミズナラ・カエデなどの自然林が残る。荒船山は山頂にメサ状の平坦(へいたん)面をもつ特異な山容を示す。長野県側は比較的緩傾斜の佐久高原が広がる。同高原には1887年(明治20)に開設された神津(こうづ)牧場がある。和美(わみ)峠・内山(うちやま)峠・十石(じっこく)峠などの峠群は江戸時代以来の要路

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妙義荒船佐久高原国定公園
みょうぎあらふねさくこうげんこくていこうえん

群馬・長野両県にまたがる山岳と高原の風景を主にした国定公園。1969年(昭和44)指定。面積131.23平方キロメートル。北東端が妙義山で、八風(はっぷう)山、物見(ものみ)山、荒船山、兜岩(かぶといわ)山などを経て、南端の十石(じっこく)峠に至る1000メートル級の山岳地帯と、西側の比較的緩傾斜の佐久高原が組み合わされている。奇岩、怪石の妙義山や、山頂が平坦(へいたん)な溶岩台地でメサの地形を示す荒船山、十石峠付近の壮年期山地などに特色があり、県境の数多くの峠の風景もこの公園を特徴づけている。物見山の東腹には神津(こうづ)牧場、熊倉(くまくら)峰の西腹には初谷(しょや)温泉、内山(うちやま)川には内山峡もある。探勝には、群馬県側は上信電鉄下仁田(しもにた)、またはJR信越線松井田(まついだ)、長野県側は軽井沢やJR小海(こうみ)線の中込(なかごみ)などを拠点にし、下仁田―中込間には内山峠(1066メートル)を越えるバスが通じる。変化に富みハイキングやキャンプによい。[村木定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

妙義荒船佐久高原国定公園の関連キーワード内山牧場キャンプ場妙義県立公園群馬(県)佐久(市)下仁田町うすい松井田南牧村神津名山怪石臼田

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android